5日放送の「サワコの朝」(TBS系)で、近藤真彦が、コンサート中にファンに正論を返されて謝罪したエピソードを明かした。

この日の番組には、デビュー35周年を迎えた近藤が登場し、芸能界での葛藤や自動車レースに挑戦した理由などを明かしていった。

1979年、15歳の近藤はドラマ「3年B組金八先生」(TBS系)で芸能界デビューすると、翌年には歌手デビュー曲「スニーカーぶる〜す」がオリコンチャート1位を記録した。その後も1987年に、近藤は楽曲「愚か者」で日本レコード大賞を受賞するなど、めざましい活躍をみせている。

司会の阿川佐和子が「(50代を迎えて)仕事に対する意識も変わってくるっていうのはありますか?」とたずねると、近藤は「変わりますね」と認め、「(ヒット曲より)いい曲だったらいいというのが強くなりましたね」と明かした。

近藤は、以前コンサートでも同様のことを口にしたそうで「オレはスーパーヒットいらないから。ただいい曲を歌い続けていくよ」「どうしてかわかる?オレは(すでに)ヒット曲いっぱいあるから」「何が武器かって、俺のヒット曲は1曲や2曲じゃないよ。すごいいっぱいあるんだ!」と観客を前にして自慢したそうだ。

ところが、観客のファンからは「アタシたちがヒットさせたんだ!」との言葉が返ってきたというのだ。

ファンから返ってきた思わぬ正論に、近藤は思わず「どうもすいません!確かにその通りで!」と謝ったといい、このエピソードには阿川も含め、スタジオで大きな笑いが起きていた。

【関連記事】
近藤真彦のロケに有吉弘行がダメ出し「何もできてない」
タモリが近藤真彦の質問をはぐらかす「俺、大人じゃないんだよ」
近藤真彦 森泉からタメ口でトライアスロン用バイクの値段を聞かれる