「髪がぱさぱさしてまとまりにくい!」「白髪のないきれいな髪でいたい!」と思う人だけでなく、「小顔になりたい!」という人にもおススメしたいのが頭皮マッサージ。頭皮に負担をかけずに正しく行えば、血流がよくなって栄養もしっかりと髪の根元にまで届くといわれます。気になる頭皮マッサージのやり方についてしっかり頭に入れておきましょう!

マッサージは入浴時がベスト

頭皮マッサージを行えば、血液の流れがよくなり頭皮の古い角質や毛穴につまった汚れがとれます。ターンオーバーが促進されて毛髪を作る毛母細胞も増殖。頭皮マッサージは血行がよくなっている入浴中がベストです。シャンプーをしながら、またはシャンプー後に湯船につかってのんびり行うのがよいでしょう。一日パソコンに向かって仕事をしている人は、休憩も兼ねて頭皮マッサージを行うと仕事の能率がアップしますよ!

マッサージで頭皮を傷つけない&負担をかけない!

マッサージを行うときの注意点は、頭皮を傷つけず頭皮に負担をかけないことです。爪を立てない、強く頭皮を刺激しない、マッサージ時間は長くても5分程度にとどめるなどちゃんと頭皮のことを考えて! マッサージのしかたはとても簡単です。親指を耳の後ろあたりに固定して、他の4本の指で円を描くようにまず耳の上をマッサージします。次第に頭頂へずらすようにマッサージするだけでOKです。

自宅でも手軽にできる頭皮クレンジング

ヘッドスパに通わなくても自宅で簡単に頭皮クレンジングができます。クレンジング剤は専用のオイルでなくても、頭皮にやさし椿オイルやホホバオイルなどナチュラルなオイルなら○。ホットタオルを準備した後クレンジングオイルをつけますが、このとき髪ではなく頭皮にオイルをつけてください。頭皮は濡らした状態のほうがオイルの節約になります。指の腹でやさしく頭皮にオイルを塗った後、ホットタオルで頭を包んで5分蒸します。その後しっかり頭をすすいでからシャンプーをしましょう。頭皮が乾燥する人、オイリースキンの人、頭皮のニオイが気になる人には特におススメしたい頭皮クレンジング。髪のツヤやハリもよくなり、しっとりまとまりやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね!


writer:松尾真佐代