赤に恋する!「銀座三越」で選ぶ、ベリー系クリスマスケーキ5選

写真拡大 (全6枚)

もう12月に入ったけれど、まだクリスマスケーキ選びに迷っている…。そんな女子は、真っ赤な色味がクリスマスらしい“ベリー”系のケーキに注目して。

おすすめは、有名パティシエやパティスリーが手がける極上のベリー系ケーキがズラリと並ぶ、東京女子ご用達の「銀座三越」。そこで、ルックスも味もカンペキな逸品をオズモール編集部が厳選してご紹介。予約受付は2015年12月13日(日)までだから、お気に入りを見つけたらさっそく手配して。

※受け取りは12月22日(火)から24日(木)。

写真)パティシエ・シマ「アントルメクレームアンジュ」(5832円/直径17cm×高さ5cm/限定50点)◆プリンセスのような麗しさ「フラワードレス アット クリスマス」


食べるのがもったいないほどのゴージャスなショートケーキをご紹介。結婚や誕生日など記念日スイーツでおなじみのパティスリー「アニバーサリー」からは、「フラワードレス アット クリスマス」(6696円/直径16cm×高さ9cm、限定50点)がお目見え。

バタークリームで作った薄ピンク色の花びら、ホワイトチョコレートの雪の結晶、幾重にも重なる生クリームのフリルをあしらい、真っ赤なイチゴを飾ったショートケーキは、まるでプリンセスのドレスのような美しさ!

もちろん、軽い食感の生クリームに、しっとりとしたスポンジ生地、甘酸っぱいイチゴと、王道の組み合わせのショートケーキは、味にも大満足!

◆フランボワーズとショコラの官能的な「ノエル センシュエル」


パリに本店を構える「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」。世界が誇るパティシエのひとり、青木定治氏が作る三越限定の「ノエル センシュエル」(6264円/タテ8cm×ヨコ16cm×高さ6cm、限定50点)は、その名の通り、官能的な味わいで大人向け。

レッド×ブラウンの艶やかなケーキは、彼との2人だけのクリスマスを盛り上げるのにぴったり。

ピンク色のチョコレートコーティングの内側には、濃厚なミルクチョコレートのムース。その中には、チョコレート生地、フランボワーズのジュレ、ダコワーズが層になっていて、甘酸っぱいフランボワーズとまろやかなショコラのハーモニーを味わえる。フィヨンティーヌプラリネのサクサクとした食感も絶妙なアクセントに。

◆赤いリボンがチャームポイントの「アントルメクレームアンジュ」


麹町のパティスリー「パティシエ・シマ」の島田徹氏が贈るクリスマスケーキ「アントルメクレームアンジュ」(5832円/直径17cm×高さ5cm、限定50点)は、真っ赤なイチゴとリボンがエレガントな逸品。フランスの伝統菓子・シャルロットを現代風にアレンジした愛らしいホールケーキは、味、ルックスともに乙女心を魅了してくれるはず。

イチゴとフランボワーズの真ん中には、軽くて優しいテイストのフロマージュブランクリームが添えられて、赤と白のコントラストが美しい。そして、しっとりとした食感のビスキュイとスポンジ生地の内側にもフロマージュブランクリームがたっぷり。さらに中心には、甘酸っぱいフランボワーズゼリーを閉じ込めているとか。

ラズベリーの甘酸っぱさがアクセントになった、ふんわりとくちどけるチーズデザートを心ゆくまで堪能して。

◆愛らしいトナカイにキュンとする「ブッシュ ルージュ・ピスターシュ」


ホワイトチョコレートであしらったトナカイと雪の結晶、真っ赤なイチゴの組み合わせがとびきりキュートな「ブッシュ ルージュ・ピスターシュ」(5400円/タテ8cm×ヨコ17cm×高さ6cm、限定150点)は、フランスを代表する名パティシエ、フレデリック・カッセルが手がけたクリスマスケーキ。

コクのあるバニラチョコレート、柔らかなピスタチオムース、ミルキーなバニラクリーム、甘酸っぱいイチゴのジュレ、そしてサックリとした食感のフィユティンヌが重なったケーキは、濃厚でいてイチゴの爽やかさが残る贅沢な味わいに。

イチゴ、バニラ、ピスタチオと“女子の好き”が詰まったケーキは、女友達にも褒められるはず。

◆マロンにイチゴ。一度で二度おいしいケーキ「アルモニ」


玉川学園前にある「パティスリー パクタージュ」の齋藤由季氏が手がけるクリスマスケーキは、ふたつの味が楽しめる「アルモニ」(5400円/タテ6.5cm×ヨコ23cm×高さ5cm、限定50点)。

ひとつめは、グレープフルーツの爽やかなクリームがアクセントになったイチゴのケーキ。ホワイトチョコレートクリームやイチゴのジュレ、チョコレートとプラリネ、グレープフルーツジャムが重なり、イチゴの甘酸っぱいおいしさを引き立ててくれる。

もうひとつは、こっくりとした味わいのマロンケーキ。洋酒の香るマロンクリームに、バニラクリーム、アーモンド生地、そしてカシスクリームが加わり、よりいっそう、深みのあるテイストに。

ふたつの味が一度に楽しめるクリスマスケーキは、欲張りな女子にぴったり!