上質な霜降り肉を手軽に味わえる「常陸牛コロッケ」(1296円、6個入り)

写真拡大

常磐自動車道・守谷サービスエリア(SA)上り線の旬撰倶楽部では、納豆やサツマイモで作った商品など、茨城とゆかりのある商品を豊富に取り揃えている。中でも今回おすすめしたいのが、茨城県産のブランド牛と北海道産のジャガイモを使った「常陸牛コロッケ」(1296円、6個入り)だ。

【写真を見る】「常陸牛コロッケ」は守谷SAの旬撰倶楽部で販売されている限定商品

常陸牛は、茨城県の指定生産者が、約30カ月をかけて育て上げた、B4ランク以上の高品質な牛肉。「常陸牛コロッケ」は、上質な霜降り肉をコロッケで手軽に味わえる、同SAの限定商品だ。

サクサクの衣の中に、ほんのりとした甘みの常陸牛と、ホクホクのジャガイモがたっぷり。そのジャガイモは旨味が最大限に生きるよう、独自の味付けがされているという。寒い日に思わずほおばりたくなるような味わいは、男女を問わず幅広い世代に人気がある。

旬撰倶楽部は、平日は8時から22時まで、土日祝日は7時から22時まで営業。同SAに寄ったら、贅沢な気分を味わえるコロッケでほっとひと息ついて、より充実したドライブを楽しもう。【東京ウォーカー】