<ファイナルクォリファイングトーナメント 最終日◇4日◇紫カントリークラブ すみれコース(6,502ヤード・パー72)>
 シード権を逃したとはいえ、優勝経験のある選手たちもいるこの「ファイナルクォリファイングトーナメント」。その中でトップ通過を果たしたのはレギュラーツアーの出場回数わずかに4回、東北福祉大学出身の沖せいらだった。
女子ツアーの試合模様を写真でチェック!
 初日から首位を守りトータル6アンダーで逃げ切った沖。初日は“67”でラウンドし、「初日のビッグスコアがききましたね。貯金があったので焦らずプレーできました」。しかし、よもやトップで通過できるとは考えていなかったそうで「どうしましょう。全然実感がわかないです」と苦笑していた。
 今季プロテストでは最終まで残ったが最下位の81位でライセンス獲得はならず。その悔しさをまだ「根に持っています」と引きずっており、本当は「贅沢ですがテストに通った上でQTも通りたかった」と口惜しそうに話していた。
 プロテストに落ちた悔しさを思わぬところで晴らした沖。「このオフをどう過ごすか、ですね」。まだ合宿等のスケジュールは未定。ほぼすべての試合に出ることができるこのチャンスを活かすため、沖にとってはこれからの約3か月が勝負となる。
 なお、“せいら”という一風変わった名前は沖曰く、母親の典子さんの「めずらしい名前がつけたかった」という方針で決まったもの。祖母のやっていたスナックが『来人(らいと)』という店名で、そこから当初『静来』という漢字になる予定だったが「お店が静かになっては困るから」、ひらがなになったそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
斉藤愛璃、“藤田マット”効果でQT3位通過!
馬場ゆかり ファイナルQTは51位で終戦、来季は“体作りと婚活”を
「気持ちが結果になった」全勝桃子ジャパンのストロングスタイル
日本女子ツアーチームが全勝!初代覇者へ最高の滑り出し
4ツアー対抗戦「THE QUEENS presented by KOWA」LIVEPHOTO配信中!