Apple創業者ウォズニアック氏も登壇した『東京コミコン』キックオフイベント。仕掛け人のウォズが人気女性レイヤーを絶賛

写真拡大

米国スタイルなコミックの祭典『コミコン』が日本に上陸します。東京コミコン(Tokyo Comic Con)が2016年12月3〜4日に、幕張メッセで開催決定しました。

本日開催されたキックオフイベントには、Apple創業者のウォズことスティーブ・ウォズニアック氏や、映画スター・ウォーズシリーズでダース・シディアスを演じた俳優、イアン・マクダーミド氏などが応援に駆けつけました。

【ギャラリー】Tokyo Comic Con (87枚)

東京コミコンの立役者はウォズとスタン・リー



コミコン(Comic Convention)は米国発のコミックの祭典です。マンガやアメコミ、映画などのポップカルチャーをテーマにした展示会で、日本のコミケのようにコスプレイヤーも多く集います。

このコミコンがなぜ日本で開催されるのか、その立役者は、ジョブズとともにApple社を創設したウォズニアック氏と、「スパイダーマン」や「X-MEN」シリーズで知られる、アメコミ作者のスタン・リー氏です。この2人が『テクノロジーとポップカルチャーを融合させた、前例のないコミコンを開催しよう』と意気投合。

最初はウォズの住むシリコンバレーで開催する案もありましたが、真にグローバルな祭典にしたいというウォズの意向があり、そうであれば日本を巻き込まなければならないと、東京での開催を決定したとのこと。

東京コミコンを主催する米ポップカルト社CEO トリップ・ハンター(Trip Hunter)氏

登壇したトリップ・ハンターCEO『東京コミコンは他のコミコンと大して変わらないと思うかもしれない。しかし、テクノロジーはポップカルチャーそのもの。次世代iPhoneの発売となれば多くの人が列をなし、それはスターにサインをもらうファンのようだ。東京コミコンは、テクノロジーとポップカルチャーが融合した、これまでにないコミコンになるだろう』と話します。

Apple共同創設者 スティーブ・ウォズニアック氏

今回ゲストとして登壇したウォズニアック氏は『日本には1年に2度は訪れる』と前置きしたうえで、次のように話しました。

『日本はオリジナリティに富んでいて、テクノロジーのリーダー的な存在。私の仲間に日本のロボット技術の話をすると、やっぱり日本はすごいと言う』『コンピュータができる以前、我々は物理法則に従わなければならなかった。それがコンピュータの登場で、コンピュータの画面を通じてバーチャルで壁を通り抜けたり、壁を透かしたり、そういうことが現実になった』とコメント。

三船美佳さん「三船敏郎はダース・ベイダー役もオファーされていた」



さらに女優の三船美佳さんが登壇。父の三船敏郎さんがスター・ウォーズへの出演をオファーされていたエピソードを語りました。

三船敏郎さんといえば、ルーカス監督直々にオビ=ワン・ケノービ役で出演をオファーされていたことが有名。美佳さんによると、侍という武士道をコミカルに描くことに難色を示した父が出演を断ったところ、ルーカス監督から『じゃあ顔を隠してみたら?ダース・ベイダーって役があるんだけど』と、ベイダー卿の役もオファーされていたエピソードを公開。

人気レイヤー御伽ねこむ氏さんをウォズが絶賛。2人の暗黒卿も加わり暗黒面に誘われる



続いて、コスプレイヤーの御伽ねこむさんも登壇。アキバ系男子が選ぶコスプレイヤーNo.1とも言われる彼女は、東京コミコンのために特別にデザインしたというコスチュームを身にまとっての登場です。

ウォズは御伽ねこむさんのコスチュームについて『まさに東京コミコンを象徴する意匠。スマホケースよりも数倍手が込んでいる』と大絶賛。

さらに続いて、俳優のイアン・マクダーミド氏も登壇。スター・ウォーズ エピソード1/2/3でパルパティーン最高議長と銀河皇帝ダース・シディアスを演じた方です。

さらにスターウォーズ EP1 でダース・モールを演じた俳優 レイ・パーク氏も参加。

フォトセッションでは5人揃ってフォースの暗黒面に堕ちるパフォーマンスも。シディアス卿を演じたマクダーミド氏が、表情は穏やかながらもさすがの貫禄を見せつけました。

東京コミコンは、2016年12月3日と4日の2日間にわたり、千葉県の幕張メッセで開催予定。また、開催を記念して2015年12月5日 (つまり明日) と6日に、品川インターシティにてスペシャルファンイベントを開催。マクダーミド氏とパーク氏による記念撮影やサイン会が行われます。
チケットはリンク先の東京コミコンホームページのほか、会場では当日券も販売予定です。