PHPデベロップメントチームは12月3日(米国時間)、「PHP 7.0.0 Released|PHP: News Archive - 2015」において、次期PHPの最新バージョンとなる「PHP 7.0.0」の公開を伝えた。このバージョンから新しいPHP7系が始まることになる。

「PHP 7.0.0」における主な新機能や改善点は次のとおり。

・新しいZend Engineを搭載
・PHP 5.6と比較して最大2倍の高速化
・メモリ使用量の大幅削減
・Abstract Syntax Treeの導入
・64ビットサポートの実現
・例外の階層処理を改善
・いくつもの致命的エラーを例外処理で対処できるように変更
・安全な乱数生成機能の導入
・古くすでにサポートされていないSAPIおよびエクステンションを削除
・ヌル結合オペレータ(??)の導入
・ReturnおよびScalarタイプ宣言の導入
・匿名クラスの導入
・ゼロコストアサーションの導入

「PHP 7.0.0」にはさまざまな新機能が追加されているが、パフォーマンスが大幅に向上している点とメモリ使用量の削減が実現した点が注目される。PHPの参照実装系よりも高速荷動作することをうたった実行環境と比較しても同等ないしはそれ以上の高速性が観測されており、今後の普及が期待される。

(後藤大地)