クリスマスに忘年会、年賀状、おせち、お年玉、年始回りの手土産など、イベントだらけで出費がかさむ年末年始。ただでさえ家計は真っ赤なのに、どうしよう…そんなことを思っている主婦も多いはず。女性セブンが全国30〜69才の主婦250人にアンケート調査を行ったところ、年末年始の特別出費の平均額は4万8220円。これに対し、節約アドバイザーの丸山晴美さんは言う。

「特別出費は、普段の家計から異例に出ていくお金なので、別途年末年始用にお金を準備していない場合は、月給の1割程度に抑えたいもの。でないと赤字になるか、貯金を崩すことに。“節約3か条(下記)”を守って、抑えたいですね」(「」内、以下同)

【師走を乗り切る“節約3か条”】

◆メリハリをつける
贈り物はケチらない。家で食べるもので、余りそうなものは、安いものにしておく。

◆セールには行かない
雰囲気に流され余計なものまで買うことに。ネット通販などで必要なものだけ買って。

◆買いすぎない
年末年始に開いている店も多いので、不足した時点で買い足し、最初に買いすぎない。

 具体的にはどうすべきか。例えば、主婦がもっとも安く済ませたい“年賀状”。これは、相手によってメリハリをつけるのがポイント。

「送るか悩む相手には、『楽天グリーティング』など、無料で送れる年賀状メールの活用を」

 あれやこれやと、つい財布のひもがゆるむのは、デパートなどの浮足立った雰囲気に流されてしまうから。

「いっそネットスーパーや通販で必要なものだけ買い、お店に近づかなければ、ムダな出費を防げます」

 それだけではない。店に近づかない理由はもうひとつ。歳末セールより年明けセールのほうが価格は安くなるのだ。

「小売店は2月決算が多いので、値引き交渉にも応じてくれやすい。年末は我慢を」

 食材を食べきれずに廃棄というムダもやりがちだが…。

「今はデパートやスーパーも2日から営業していますし、コンビニは24時間あいている。買いだめの必要はありません。牛乳やパン、米、卵など“白いもの”は値段が上がらないので、必要な分だけ買えばいい」

 さらに、お歳暮やおせち、ケーキは“早割”で安く買える。“早割”とは、早めに購入すると割引が受けられるということだが、各スーパー・デパートは以下のような“早割“を実施している。

●東急ストアの特別割引
〜15日10%オフ(一部除外あり)。

●ベルーナの早割
インターネット限定最大20%オフ。送料無料(一部地域を除く)。

●西友ギフトク
23日まで(店頭は一部18日まで)。最大50%オフ。1品2570円以上で送料無料(一部除外あり)。また、おせちの予約は23日まで(店頭受取りに限る)。対象のおせちが10%オフ。

●イオンの早得
8日まで。対象商品が10%オフ。カタログ表示2500円以上の品、全国送料無料。また、「イオンおせち」の予約は6日まで。対象のおせちが5%オフ。

●ダイエーの早期割引特典
6日まで。イオンカード、ハートポイントカード、OMCカードいずれか提示で10%オフ。1品2500円以上で全国送料無料。また、おせちは6日まで、一部対象の商品が5%オフ。

●イトーヨーカドーの早割
8日まで。10%オフ。全国無料配達。または、2500円以上の商品に限り、配送料込み。

●大丸・松坂屋のインターネット割引
ネット注文は優待割引ギフト約1000点が23日まで10%オフ&全国送料無料(酒類は5%オフ。精肉は除外)。

●西武・そごうのe.デパート(ネット)冬得割
25日まで。435品が10%オフ。

※女性セブン2015年12月17日号