バンビアイズに欠かせないアイメイク。マツエク、マツパー、落ちにくいマスカラやアイラインと、いろんなものが進化していますが、その分クレンジングには気を使わないとシワや茶グマの原因になるばかりではなく、最近増えている「まつ毛脱毛」になる可能性も……。アイメイクオフにコットンは不可欠!使わずに指先でこすってオフしている人は今日からすぐに見直しましょう。

目の周りの皮膚はお肌の何倍もデリケート!

顔のお肌と一体化しているので、目の周りも顔と同じクレンジングやスキンケアをしてしまいがちですが、それでは後々後悔すること間違いなし。毎日の生活のなかで、無意識にかけている目の周りの皮膚への負担の差が、見た目年齢の差となり現れるのです。目の周りがくすんでコンシーラーが手放せない、まぶたが下垂してきた、クマが取れなくなった、といった諸問題は年齢のせいではなく、それまでの雑なクレンジングの結果なのです。そもそも目の周りの皮膚はとっても薄くて傷つきやすい場所。そこにメイクをするだけでも負担なのに、クレンジングではその倍の負担がかかります。

コットンで汚れを受け止める

コットンは使っていないけれど、クレンジングオイルやミルクなどで、やさしくクルクルしてるから大丈夫! という人も多いでしょう。確かに指の感覚で汚れが浮き上がってきた感じがわかりやすいですし、汚れを浮かすのは指でクルクルが早いのかもしれません。でもその汚れ、あちこちに伸びて落ち切らないことがありませんか? 最近の落ちにくいメイクはウォータープルーフが多いので、浮かんでからもスッと落ちないで肌の上に残ることがあります。結局、浮かんだ汚れを落とすために何度も擦る羽目に。コットンなら浮かんだ汚れをキャッチしてくれて肌に伸びてしまうことがないため、浮かんだあとが楽なんですね。

正しいアイメイクの落とし方

アイメイクにはできれば同じメーカーのアイメイク用リムーバーを使いましょう。無かったり高過ぎる場合は別メーカーのものでも構いません。二枚に裂いたコットンにリムーバーをたっぷりと含ませて下まつ毛の下にあてます。次にもう一枚のコットンを上まぶたに押し当てるようにしてメイクを浮かせます。下まぶたのコットンとサンドイッチになっている状態なので、浮いたメイクが広がるのを防いでくれます。そのままゆっくり上から下にやさしく拭き取ります。残ったメイクはコットンの角を使ってやさしく丁寧に拭き取っていきます。細かい場所はリムーバーを浸した綿棒を使うと取りやすいですよ。

毎日のことです。慣れれば面倒ではありません。将来悲しい結果にならないようにできることはしておきましょうね。


writer:しゃけごはん