不正や横領の証拠隠滅のため消されてしまったデータを復元。誤って消してしまったデータや故障した端末の復旧も可能(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 携帯電話のデータ復元などを手掛けるイースターモバイルは3日、企業向けの削除済データ復元サービス及び個人向けの不倫・不貞行為の証拠を復元するサービスを開始したことを発表した。

 企業向け削除済データ復元サービスは、ネットセキュリティの専門家・石川英治氏の技術指導、完全監修のもとで提供。初期化されたPCやスマートフォンの通話履歴や画像、データなどを復元し、社員の不正や横領など企業内不祥事の証拠を見つけるための手助けを行う。

 一方、不倫・不貞行為の証拠を復元するサービスは、今野裕幸氏が代表を務める総合探偵社スプラッシュと共同で行う。削除されたデータや初期化されたスマートフォンの復元、パスワードロックの解除などで慰謝料請求の際に有利となる不貞行為の証拠をつかむというもの。

 どちらのサービスも2日に専門のサービスサイトをオープンした。また、イースターモバイルは弁護士の河瀬季氏(コスモポリタン法律事務所所属/第二東京弁護士会)が代表取締役をつとめている。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI