写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トライベック・ブランド戦略研究所は12月3日、全15業界・150サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)を評価した「主要企業 Webユーザビリティランキング2015<企業サイト編>」を公開した。

同ランキングは、2015年8月中旬〜10月下旬にかけて、同研究所のユーザビリティ診断プログラムを活用し、「アクセス性」「サイト全体の明快性」「ナビゲーションの使いやすさ」「コンテンツの適切性」「ヘルプ・安全性」の5評価軸と全94項目について評価したものとなる。

ランキング1位は2年連続で「KDDI」。企業サイトのメディア化にいち早く取り組み、サイト全体で一貫したデザインとユーザビリティを提供。リニューアルから1年以上が経過してもユーザビリティ品質に劣化が見られず、Webガバナンスが徹底されている様子が伺える。また、今回の評価基準改訂のポイントとなる「トップページにおける"企業らしさ"の見える化」「マスターブランドへの取り組み」「モバイルフレンドリー対応」にもしっかりと対応している好事例といえる。

2位は「au」3位は「NTTドコモ」と、今年度も通信事業会社が上位を占めており、業界で見たランキングも「IT・情報通信」が1位となる結果に。5位の「キリンビール」6位の「日本ハム」は、2014年のリニューアルによって大きく順位を上げたが、今年度もその順位をほぼ維持できている。

業界別では「精密機器・電子部品」が前回9位から3位と大きくランクアップ。「リコー」がリニューアルによって躍進した点や、「TDK」がスコアを向上させた点などが要因となった。なお、ランキング上位10社では、今年度はリニューアルを実施していないにも関わらず、昨年度に引き続き高いスコアを維持している企業が多いという傾向が見られた。それらのサイトは、リニューアル後もユーザビリティ品質の維持・向上に取り組んだ跡が見られ、非常に高いWebガバナンスのもとサイト運営が行われていることが伺えるという。