前半2つ伸ばした石川遼、1打差3位Tに浮上(撮影:ALBA)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目◇4日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
  国内男子ツアー最終戦『ゴルフ日本シリーズJTカップ』の2日目。全選手がハーフターンを終了。初日2位タイにつけた小田孔明と黄重坤(韓国)がトータル5アンダーに伸ばし首位に立った。
今季の国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る
 1打差のトータル4アンダー3位タイには石川遼と藤本佳則がつける。初日ノーボギーで首位に立った片山晋呉だったがこの日ボギー、ダボを連続で叩き失速、トータル3アンダーに落とし5位タイに順位を下げた。その他5位タイにはH・W・リュー(韓国)が並ぶ。さらにトータル2アンダー7位タイに池田勇太と呉阿順(中国)がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>