メリル・ストリープ(右)と母娘役で共演する実の娘メイミー・ガマー(左)。『幸せをつかむ歌』より

写真拡大

昨年『イントゥ・ザ・ウッズ』で美しい歌声を披露し、アカデミー賞助演女優賞、ゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされたメリル・ストリープが、主演最新作『幸せをつかむ歌(原題:Ricki and the Flash)』でミュージシャン役に挑戦。実の娘メイミー・ガマーと母娘役で共演していることがわかった。

メリル・ストリープの愛娘、トム・ハンクス監督に抜てきされ堂々の演技!

本作は、歌を愛し、ミュージシャンになるために家族を捨てた母親が、数十年後に娘のところに戻ってくるところから展開。その間に娘は結婚をしたものの、旦那に捨てられ、ひとりぼっちで自暴自棄に陥っている。母親のことは本当に大っ嫌いで、彼女の歌声も大っ嫌い。だが、そんな母親の勇気と愛情と魂の歌声が、孤独だった娘を救ってくれたというストーリーだ。

ストリープが演じるのは、夢を追い続ける母親のリッキー役。ストリープの娘ガマーが娘役で出演し、微妙にすれ違う母と娘の関係をリアルに繊細に演じている。また、グラミー賞受賞のロックミュージシャン、リック・スプリングフィールドが、リッキーのバンド仲間役、『ワンダとダイヤと優しい奴ら』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したケヴィン・クラインが元夫役に扮している。

メガホンをとるのは『羊たちの沈黙』でアカデミー賞とベルリン国際映画祭で監督賞を受賞したジョナサン・デミ。脚本を『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したディアブロ・コディが手がけている。

『幸せをつかむ歌』は2016年3月初旬よりBunkamuraル・シネマほかにて公開となる。

アンジーが母の顔、映画『マレフィセント』での実の娘との共演シーンが解禁!
似てる!? ジョニー・デップ愛娘の銀幕デビュー写真が解禁! 父娘共演も実現
ベッカムにピアース・ブロスナン、スターの二世が続々モデルデビュー!
父は長渕剛、母は志穂美悦子。文音インタビュー