写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トーワ電機は4日、同社製ハイエンドワークステーション「UNIV」シリーズと、運営参画する「G-DEP」で販売するディープラーニング向けワークステーション「DeepLearning BOX」「DeepLearning Server」「GU-1100(DL)」 に対して、Googleが提供する機械学習ライブラリ「TensorFlow」のインストールサービスを開始すると発表した。

「TensorFlow」は、Googleの写真検索や音声認識技術に使用されているライブラリで、マルチGPU環境に対応する。2015年11月にオープンソースとして公開された。トーワ電機ではPythonやcuDNNなどとの組み合わせたインストールや設定のほか、GPUでの動作確認も行った環境を構築したハードウェアを提供するという。