12月3日、東京・FabCafe Tokyoにて「Dance with 3D DAICHI」の記念イベントが開催され、アーティストの三浦大知さんが登場しました。


「Dance with 3D DAICHI」は、三浦さんの最新アルバム「FEVER」のリリースを記念してスタートしたファン参加型のプロジェクト。

3Dスキャンされた三浦さんと抽選で選ばれたファンが、デジタル世界でダンスコラボレーションし、インターネット上に公開し拡散されるという画期的な取り組みです。


普段ダンスをするときとは違った環境に身を置いてパフォーマンスをした三浦さんは、撮影当時のことを振り返り「今のモーションキャプチャーはダンスレッスンとかと変わらない格好でスキャンができるので驚きました」と、最新の設備に驚いた様子でした。


さらには、「いつものスタイルで踊ったものがスキャンされるのは面白いですよね。僕自身、演出とかを考える中でデジタルの進歩はいつもチェックして気になっているんです」と話し、普段使っているアプリについても言及しました。

三浦さんは、「ノートアプリとかをよく使っているかも。ライブの図面とか写真を貼って構成を書いたり、言葉を書き込んだりもしています。作詞や自分のボイスも貼り付けるものもあったりするので、よく使っています」と、デジタル機器に造詣が深い一面を見せていました。


さらに本プロジェクトには、国民的大物歌手の小林幸子さんと、まさかのダンスで競演することが決定しています。

イベントでは本邦初公開で、あの小林さんがデータ化される様子がスライド上映されました。


三浦さんのように小林さんが踊る風景が近日見られるということで、三浦さん自身「僕もびっくりしているくらい(笑)」と満面の笑み。

「まさか画面の中で一緒にダンスさせていただいているとは、嬉しく思っています。まさか小林さんと一番最初にコラボレーションするのがダンスだとは思っていなくて(笑)。今っぽいというか、技術があるからこそできることなのかなと思います!」と、デジタルの進化と小林さんとの初競演について、感慨深く語りました。

【関連記事】

※ NU’ESTの神対応にファン熱狂!「Bridge the World」発売記念リリースイベント

※ 30歳のシシド・カフカ、「ひとりで生きていく覚悟を決めている」意外な理由とは?

※ 三代目・今市隆二、「Best Video of the Year」の受賞に「とてもうれしい」と満面の笑み