Googleは12月2日(米国時間)、「Google Cloud Platform Blog: Google Cloud Vision API changes the way applications understand images」において、画像を解析して表示されている内容や顔、印字されている文字列などを解析するための新たなAPI「Google Cloud Vision API」を発表した。このAPIでは機械学習に基づいたデータ解析に対応しており、手軽に画像を活用したアプリケーションの開発を実現する。

「Google Cloud Vision API」は簡素で扱いやすいREST APIとして実装されている。指定された画像を数千のカテゴリに分類することができるほか、顔認識(どのような感情の顔であるかも識別)、画像内部に納められている文字列なども認識するとされている。現在はAPIクエリの内部に画像データを埋め込む必要があるが、将来のバージョンではGoogle Cloud Storageとの連携機能も提供するとしている。

「Google Cloud Vision API」はさまざまなアプリケーションに大きな影響を与える可能性がある。リアルタイムに画像を認識しての処理が可能になることから、フォトデータの整理といった機能から、ロボットや拡張現実における認識機能としても活用が期待できる。

(後藤大地)