「マイナンバーカード」と「マイナンバー通知カード」の違いは分かる?

写真拡大 (全2枚)

 10月5日、ついにスタートしたマイナンバー制度。その後、全国各地でマイナンバー通知カードの配達が開始されるなど、徐々に国民の手に渡りはじめている。

 ただ、マイナンバー制度に関する具体的な内容への理解や認識については、まだまだ浸透していないのも事実だ。そこで本コラムでは、制度に詳しい専門家が素朴な疑問に対して回答。今回は、税理士・ファイナンシャルプランナーの大黒たかのり氏が解説する。

[質問]
マイナンバーカードを紛失してしまったり、盗難に遭ってしまった場合、再発行できますか?また、写真はずっと同じですか?

[回答&解説]
 マイナンバーカード、通知カードとも再発行が可能です。マイナンバーカードの初回の発行は当面無償ですが、再発行は有償です。マイナンバーは漏洩し、不正に使用される恐れがある場合を除いて、一生変わりませんが、写真は原則10年毎の更新制となっています。

■知ってる?通知カードとマイナンバーカードの違い

 マイナンバーは、簡易書留で住民票のある住所に届きます。マイナンバーが記載された「通知カード」は、紙製のカードで、券面にはお住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー」が記載されています。

 一方、「マイナンバーカード」は、プラスチック製のICチップ付きカードのこと。券面に「氏名」、「住所」、「生年月日」、「性別」、「マイナンバー」と本人の「顔写真」が表示されます。記載内容はほぼ同じですが、マイナンバーカードは「顔写真」と「ICチップ付き」が特徴です。

■マイナンバーカードは任意

 通知カードは、全世帯に簡易書留で住民票のある住所に届きますが、マイナンバーカードは送られてきません。マイナンバーカードは、ほしい人だけが申請し、取得するものです。

マイナンバー通知の簡易書留に同封されるものは下記のものです。
・マイナンバーのご案内
・通知カード(世帯全員分)
・個人番号カード(マイナンバーカード)交付申請書(世帯全員分)
・個人番号カード(マイナンバーカード)交付申請書の送付用封筒(1通につき1部)

 マイナンバーカードの交付を受けると通知カードは不要となりますので、交付時に返納することになります。

■マイナンバーカードの申請方法

 マイナンバーカードの申請方法は4つ。発行手数料は当面無料となっています。

1:郵送による申請
 マイナンバーカード交付申請書にご本人の顔写真を貼り、返信用封筒に入れて郵便ポストへ

2:スマホによる申請
 スマートフォンで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請

3:パソコンによる申請
 デジタルカメラで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請

4:証明写真機からの申請
 申請書を持参して、申請可能な街中の証明用写真機で顔写真を撮影して申請

 マイナンバーカードの申請時には、同封の申請書のほか、顔写真の添付が必要です。使用する顔写真は直近6ヶ月以内に撮影した、サイズが縦4.5cm×横3.5cm、正面、無帽、無背景のものに限られます。

 申請後、お住まいの市区町村から交付通知書が送付されます。交付通知書に記載された交付場所に下記の書類を持参します。
・交付通知書
・通知カード ※返納します
・本人確認書類

 交付窓口で本人確認の上、「暗証番号」を設定してから、カードが交付されます。

■暗証番号

 暗証番号は複数あります。

1:署名用電子証明書
 電子申告(e-Tax)などインターネット等で電子文書を作成・送信する際に使用します。

2:利用者証明用電子証明書
 行政のサイト(マイナポータル)へのログインやコンビニ交付サービス利用時に使用します。