特定秘密保護法の「適性評価」、25人の拒否が判明 公務員らに抵抗感?

ざっくり言うと

  • 特定秘密保護法に基づき、機密を扱う公務員らの身辺を調べる「適性評価」
  • 防衛、外務両省の職員ら計25人が拒否したことが3日、分かった
  • 理由は不明だが、公務員の一部も抵抗感を抱いているとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング