北欧発の人気キャラクターも!ラフォーレ原宿で「北欧 クリスマスマーケット」が開催

写真拡大

フィンランドの「サンタクロース村」など、やはりクリスマスと言えば「北欧」というイメージの女子も多いはず。そこで、北欧発の人気キャラクターやクリスマスグッズが揃う、特別なクリスマスマーケットをご紹介。

2015年12月17日(木)から25日(金)まで、「ラフォーレ原宿」6階の「ラフォーレミュージアム原宿」では、「北欧 CHRISTMAS MARKET in LAFORET(クリスマスマーケット イン ラフォーレ)」(入場料500円)を開催する。入場料500円を入り口で払うか、館内で税込10000円以上のお買い物をして、先着でもらえるインビテーション(招待状)を入手して。

会場には、北欧の暮らしを彩るアイテムやスイーツなど、計12店がブースを並べる。スウェーデンの人気陶芸作家、リサ・ラーソンの陶器や、ノルウェーの森で暮らす丸太の男の子のキャラクター「キュッパ」の絵本の世界観を映した雑貨、キッチン用品やフィンランドで人気の揚げ菓子・ムンッキとアメリカンドーナツを合わせた独特の食感のドーナツなどもあって、北欧の魅力がいっぱいに詰まったマーケットに。

「各日先着でイベント限定の『リサ・ラーソン マイキーマスキングテープ』もプレゼントしています。ただし、これは有料の入場者のみの特典なのでご注意ください」と広報担当者さん。

北欧らしいモダンなアイテムを扱う「NORDIC SELECT(ノルディック セレクト)」のクリスマスグッズもおすすめ。
衣料品では、環境に配慮したフィンランド・ヘルシンキ発の帽子ブランド「COSTO(コスト)」に注目。こちらでは、高品質なのに廃棄される運命にあった未使用の生地を材料に、豊かな感性で個性的なデザインに仕立てた帽子が購入できる。

北欧デザインを満喫できるアイテムを探すのなら、インテリアに欠かせないアイテムが揃う「Four Seasons SCANDINAVIAN DESIGN SHOP(フォーシーズンズ スカンジナビアデザインショップ)」を覗いて。北欧雑貨やキッチン用品、ヴィンテージ食器やファブリックなどの製品も並ぶそう。


手にとりやすい価格のものとしては、北欧のステーショナリーブランドのアイテムが並ぶ「Fredelig(フレデリグ)や、フィンランドのグリーティングカード文化を発信する「korttikauppa(コルッティカウッパ)」は要チェック。

特に、「korttikauppa」では12月21日(月)から25日(金)まで、フィンランドを代表するイラストレーターのマッティ・ピックヤムサさんが似顔絵ペインティングを開催(有料)するとか。

このほか、ヘルシンキ発の若手ハンドクラフトデザイナーによるオリジナルのアクセサリーやファッション雑貨が並ぶ「MadeBy Helsinki(メイドバイ ヘルシンキ)」などが参加。2013年にヘルシンキでオープンしたこのショップは、関東初登場となるそう。


買い物に疲れたら、ノルウェー出身の画家、エドヴァルド・ムンクの代表作『叫び』をモチーフにした会場内の期間限定カフェ「CAFE MUNCH(カフェ ムンク)」で休憩を。このカフェには、『叫び』シリーズ全4種類のレプリカが集結するとか。

北欧発の人気キャラクターやライフスタイルグッズが揃った、ひと味違うクリスマスマーケットで、北欧テイストのクリスマスを楽しんで。