寝溜めしても疲れが残ってしまうばかりか……(shutterstock.com)

写真拡大

 働き盛りの30〜40代の過重労働が深刻化している。ひと月で100時間超、または2〜6カ月の平均で月80時間以上の時間外労働は、健康障害のリスクが高くなる。多くの会社、部署で、うつ病などを発症して長期に休んでいる人がいるのではないだろうか。この過重労働も原因のひとつかもしれない。

 残業手当がつくならまだしも、職種によっては一定の時間を超えた分をカウントしなかったり、いわゆる「サービス残業」を強要したりするブラック企業もあるから、労働者側は自分で自分の健康を守るよう心がけたい。

 健康を維持するための手段としては消極的ではあるが、多くの労働者は休みの日に「寝溜め」をして体を休めているのではないだろうか。ところが、ある研究によりこの寝過ぎが糖尿病や心疾患のリスクを高めるという結論が出た。

海外旅行に行かなくても時差ぼけ?

 休みの日に「寝溜め」をする人は、いつもよりも2〜3時間長く寝ていることが多いのではないだろうか。いつもは7時に起きるのに、休みの日は12時過ぎまで寝ている、なんて人もいるだろう。すると、就寝する時間もいつもより遅くなりがち。起床や就寝をする時間がいつもと違うと、体は海外旅行の際に感じる「時差」として受け止めてしまう。これを社会的時差ぼけという。

 11月18日に「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」オンライン版に掲載された研究結果によると、これの社会的時差ぼけがいけないのだという。研究には、自宅外で週25時間以上働く30〜54歳の健康な男女(447人)が参加。睡眠時間と活動時間を記録するリストバンドを終日着用してもらったほか、運動や食生活に関する質問票にも回答してもらった。

 その結果、対象者のほとんど(約85%)は、平日より休日に睡眠時間が延長していた。残りの15%の対象は、逆に休日に早起きしていることがわかった。また、平日と休日で睡眠時間の差が大きい人では、コレステロール値や空腹時のインスリン値が悪い。さらにインスリン抵抗性が高く、ウエスト周囲長が大きく、BMIが高い傾向がみられた。この「社会的時差ぼけ」と糖代謝パラメータ悪化の関連は、身体活動度やカロリー摂取量などの生活習慣因子を補正後も認められた。

平日と休みの睡眠時間が極端に違わなくても要注意

 筆頭著者であるアメリカ・ピッツバーグ大学のPatricia Wong氏は、「今回の研究では、睡眠パターンに平日と休日で極端な差がない(今回の検討で、休日に延長した睡眠時間の平均値は44分だった)健康な労働者でも、社会的時差ぼけがあると代謝系に悪影響を及ぼす可能性があることが示された」と述べ、「このような代謝系の変化は、肥満や糖尿病、心血管疾患の発症に寄与する」と説明している。

 今回の研究で認められた関連性は、睡眠時間のずれとこれらの代謝系疾患の直接的な因果関係を証明するものではないものの、悪影響を及ぼすことに変わりはない。

 同氏は、「今後、現代の働き方と社会的義務が睡眠や健康にどういった影響を及ぼすのかを、社会全体で考える必要が生じるかもしれない」と指摘。さらに、「労働者やその家族に対して、概日リズムの乱れや生活時間の重要性について教える職場教育の実施や、こうした問題の存在に気づかせるような施策などに焦点を当てた臨床的介入が有用となる可能性がある」と述べている。

 とはいえ、休みの日くらいはゆっくり寝ていたいのが人情だ。この研究では、昼寝について言及されていない。いつもと同じ時間に起きて、午後から昼寝をしてみてはどうだろうか。ただし、長く寝すぎて就寝が遅くなれば社会的時差ぼけに見舞われるかもしれないので要注意だ。
(文=編集部)