写真提供:マイナビニュース

写真拡大

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12月3日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日の夕方から夜にかけて地球スイングバイを実施し、19時08分に地球に最接近し、ハワイ諸島付近の太平洋上空約3090kmを通過したと発表した。

発表によれば、アメリカ航空宇宙局(NASA)深宇宙ネットワーク局の支援を受けた探査機運用により、最接近後の探査機の状態は正常であることを確認したという。

現在、はやぶさ2プロジェクトチームは地球スイングバイ後の「はやぶさ2」の軌道の計測と計算を行っており、同探査機が目標とする軌道に入れたかどうかの確認には1週間程度かかる見込みだという。