ハードタイプのバウムクーヘンにクリームチーズを詰めて焼き上げ、アプリコットソースをトッピングした「ふわとろチーズ」(980円)

写真拡大

常磐自動車道・守谷サービスエリア(SA)上り線の旬選倶楽部では、地場の名物などのおみやげを多数取り揃えている。ここでは、つくば市のバウムクーヘンと紅茶の専門店である花水木のスイーツも購入できる。

【写真を見る】花水木や志ち乃など、茨城の名店が集う旬撰倶楽部

その花水木が新感覚バウムクーヘンとしておすすめしている「ふわとろチーズ」(980円)。ハードタイプのバウムクーヘンにクリームチーズを詰めて焼き上げ、アプリコットソースをトッピングしたスイーツだ。ベイクドチーズケーキ風に仕上げたバウムクーヘンで、とろり濃厚なクリームチーズと、焦げ目をつけてカリッとした食感の生地が起こすおいしい化学反応は、一度は食べてみる価値ありだ。

また、濃厚な味わいの地元産卵を贅沢に使用したバウムクーヘン「つくばの樹」(1400円)も味わいたい。専門店である花水木のベースとなるバウムクーヘンのレベルの高さが伺える逸品だ。

常磐道ドライブの道すがら、地元で人気のバウムクーヘンを味わってみては?【東京ウォーカー】