「スタジアムの話をしよう」山嵜一也×杉山茂樹(最終回)

 新国立競技場をどうするのかは、東京五輪をどのような大会にするのかという問題につながる。新国立競技場だけでなく、他の会場もそうだ。2020年の東京はどうなっているのか。イギリスで12年間、建築設計に関わり、ロンドン五輪では馬術の会場を担当した山嵜一也氏と、スポーツライターとして世界各地のスタジアムを訪れてきた杉山茂樹氏が語り合った。

杉山:山嵜さんはロンドンオリンピック自体は結構ご覧になったんですか。

山嵜:なかなかチケットが取れなかったんです。だけどプロジェクトに関わっていたので工事中や開催前に会場の中に入ったりすることはできた。特に開会式のリハーサルを見られたのはすごく良かったです。開会式のパフォーマンが始まるまで、競技場の意味を僕の中では理解してなかった。それまではロンドン五輪の競技場はすごく貧相に見えたんです。

 だけど開会式を見て、私の考え方が間違っていたことがわかりました。彼らが見せたかったのは英国のエンターテイメントであり、僕らの競技場建築は刺身のツマみたいなものだったんだ、と気付かされました。もちろん大きな競技場建築だからお金はかかっているんです。それでもあえて簡素な作りにとどめているという考え方。「それでいいんだ」と言う発注する側もすごいし、「じゃあ分かりました」と納得する建築家側もすごいなと僕は思いました。成熟した大人の考え方だと思いましたね。完全に打ちのめされた。

杉山:やはりガッチリしたものを作るほうがお金はかかるわけじゃないですか。

山嵜:そうですね。あとはランニングコストですよね。僕が担当した馬術会場も簡素な作りだからといったって、建設費は安くはないんですよ。だけど終わったら撤去するからランニングコストがかからない。そのほうが環境に優しい、サスティナブルであるとか、言うんですよ。

杉山:日本はまだ土建屋さんの発想から抜けられない?

山嵜:日本では建築は儲けるための手段という発想があるから、ロンドンの話をすると「理想論だよ」という反応は結構あります。その意味では新国立競技場の白紙撤回というのは、日本という土建国家にしてみれば大きなターニングポイントだと思います。しかし、出てきた新しいコンペの要綱はそんなに変わってない。何のための白紙撤回だったのか、という疑問はあります。

杉山:山嵜さんが任せられるとしたらどんな感じのものを考えます? そもそも建築家には「スタジアム作りたいな」という気持ちはあるんですか。

山嵜:建築家としてスポーツの舞台に関われるというのは一つの喜びだと思います。ロンドン大会のように都市を舞台にした五輪を経験した上で、東京五輪の競技場のことを考えるならば、どこの場所に、というのが決まった時点で、都市型五輪の競技場計画はほぼ完成したも同然な気がします。だから上野公園内とか東京駅前と言った瞬間に僕の仕事は終わる。街に競技場をと考えるならば、現実的に考えて仮設になるので、デザインできる余地はそんなにないんです。あとは周囲の街並みを借景として取り込み、会場だけでなくテレビ画面を通していかにして世界中の人々に見せていくか。

 ザハのあのウネウネした建築ももちろんデザインだけれど、鉄パイプのような仮設競技場をどのように扱うかというのも重要なデザインだと思います。だから間に合うのならば、その場所を検討する作業をしたいというのはあります。

杉山:そこに面白みがある。

山嵜:そう。それこそ東京でしょ、という場所を見つけたい。

杉山:新宿御苑とか、いいと思うんだけどな。

山嵜:御苑も面白いですよね。御苑なんて本当に現実味のある場所で、新宿の高層ビルが見えて広場がちゃんとある。いいと思うんですけど、全然話になってない。例えば東京駅の行幸通りや皇居前も、道路を迂回したりしてやろうといえばやれるはずなんです。なぜそういうところを競技場として使おうというアイデアが出ないのか分からない。

 ロンドンのビーチバレーボール会場なんてすごい場所にあったんですよ。バッキンガム宮殿の目と鼻の先で街の中心部。しかも、2012年は女王の即位60周年の年で、その式典が6月の初めにあり、オリンピックは7月の後半。その式典には多くの人が集まるコンサートが開催されたので、近隣の競技場の現場では建設はおろか資材の搬入すらできなかったんです。だから実際そのビーチバレーボール会場は、1ヵ月半ぐらいで作っちゃったんです。

 東京でもそういうことが可能だと思うし、それだったらかなり大胆な場所でもできるはずなんだけれども、今のところそんなに面白いところは出てこない。東京って、いい景色いっぱいあるんですよね。だけど五輪会場は既存競技場のある場所や広大な敷地のある臨海の埋め立て地だと、決めつけちゃってるような気がする。だから、僕は半分冗談だけど半分本気で、「馬術クロスカントリー競技を明治神宮で」と言ってるんです。

杉山:明治神宮、いいですね。

山嵜:招致の段階で馬術クロスカントリー会場は「海の森」という東京湾の埋め立て地が会場予定地で、一般人はそこはまだ入れない。2016年ぐらいに公園としてオープンするのですが、要はこれまでゴミの埋め立て地だったところなので、訪れたことがある人なんてほとんどいない。そうなってくると、「この場所でオリンピックをやるんだ」という思いを共有する時間が少ないじゃないですか。「海の森」ではまさに海の向こうの話。"向こう側"で全てが決まる組織委員会のような話になっちゃって、自分事としてのオリンピックをとらえることができないですよね。

杉山:一番笑っちゃったのは、国立競技場をハイテクスタジアムにするという話。スタジアムのイスのところに液晶パネルを付けて、タッチでドリンクとかを注文すると持ってきてくれるというシステムがあったり、その液晶パネルでテレビが見れる、なんていうことをやっていたんですよ。スタジアムが消えたのだからその話もいつのまにか消えたのですが、みんなそれを自慢げに話していました。

 そんなタッチパネル、何カ月で壊れるんですかという話じゃないですか。屋根がつかなかったら吹きさらしだし。売り子がドリンク運んでくるなんて、観戦の邪魔ですよ。そんなアイデアでハイテクスタジアムといってニュースで大々的にやるほどの話かと、大笑いしました。スタジアムって、50年単位で見るものじゃないですか。そこに2〜3年で終わっちゃうようなものを入れても、電光掲示板を良くしたほうがいいじゃないかとか、そのレベルの話ですから。

 結局、新しいコンペはどうなるのですか。

山嵜:伊東豊雄さん、隈研吾さんという日本の建築家が、それぞれ建設会社と一緒になって応募するとの報道を聞いてます。ザハさんも出たかったらしいけど、新しいコンペは建築設計事務所と施工会社が一緒になって応募するのが条件なので、彼女は組む相手がいなくてギブアップしました。外されれたのかどうかわからないけれども、それもちょっと後味の悪い感じですね。

杉山:今度は1550億円以内でやるということになっているじゃないですか。この予算をイメージしながらデザインするということですか。

山嵜:もちろんそうです。

杉山:で、当選するじゃないですか。でも、それが正しいかどうかは分からないじゃないですか。で、作ってみたら2000億いっちゃったということもあると思うんだけど、発注する側は「この人に与えますよ。当選ですよ」といった時に、ちゃんと計算するんですか。

山嵜:しなきゃいけないんです。ただ、ザハさんの時はそれをしてなかった。言われた通り、「そう言ってるんだから、合ってるだろう」ぐらいのレベルでやっていたんです。だからあきれた話が出てくるんですよね。ただ、今回はもちろん同じことはできない。

杉山:また2000億円になっちゃったら大笑いですからね。

山嵜:設計する建築家としても、たぶんそれはできないですね。組織委員会にしてもJSCにしても、あれだけ問題になったのに対して、「もっと」ということは言えないでしょう。

【profile】
山嵜一也(やまざきかずや)
1974年東京都生まれ。2001年単身渡英。「アライズ アンド モリソン アークテクツ」にて、ロンドン五輪(招致マスタープラン模型、レガシーマスタープラン、グリニッジ公園馬術競技場現場監理)やキングスクロス セントパンクラス地下鉄駅改修などに関わる。2013年1月帰国。山嵜一也建築設計事務所主宰。女子美術大学非常勤講師。

text by Sportiva