全10品の「プルミエール」(1万5000円)の中から、「赤と黒のアンサンブル」(手前)、「真鯛のマリネ バラ仕立て 香草入りドレッシングと共に」(奥)

写真拡大

ホテルオークラ札幌は洋食と中華のレストランで、クリスマスディナーを提供する。1階の「レストラン コンチネンタル」ではオークラ伝統のフランス料理のフルコースを、地下1階「中国料理 桃花林」では贅を尽くした広東料理のコースを用意。スペシャルな料理の数々で、思い出に残るクリスマスの夜を演出してくれる。

【写真を見る】「ふかひれ姿入り漢方壺蒸しスープ」、「有頭オマール海老と北海道産モッツァレラのオーブン焼き」など全8品の「聖夜晩餐」Aコース(2万円)

■ オークラ伝統のフランス料理のフルコース

「レストラン コンチネンタル」は12月24日(木)と25日(金)の2日間、「ノエル ドゥ ディネ」と題して、全10品の「プルミエール」(1万5000円)と、全8品の「オルディネール」(8000円)の2コースを提供(前日まで要予約)。期間中店内は、濃紺のクロスと鮮やかな卓上花が配されたラグジュアリーな雰囲気となり、赤と黒に彩られた前菜をはじめ、ホテルオークラの至宝ともいわれるコンソメスープ、目と舌で楽しみたいメイン料理など、特別な日にふさわしいフランス料理のフルコースを提供。ゲストを特別な夜へと誘ってくれる。

■ 贅を尽くした広東料理のコース「聖夜晩餐」

「中国料理 桃花林」は12月23日(祝)から12月25日(金)まで、「聖夜晩餐」の全8品・Aコース(2万円)と、全7品・Bコース(1万2000円)の2コースを用意(前日まで要予約)。Aコースでは鮑、ふかひれ、鮫コラーゲン、雲南ハム、干し貝柱など11種類の食材を、手間と時間を惜しまず煮込む金色のスープと合わせた絶品「ふかひれ姿入り漢方壺蒸しスープ」をはじめ、「牛ヒレ肉とフォワグラの中華風ステーキ バーベキューソース」「有頭オマール海老と北海道産モッツァレラのオーブン焼き」などを味わうことができる。

■ 自宅で楽しむホテルメイドのクリスマスケーキ

また、ホテルオークラ札幌では、家で楽しむクリスマスパーティーにぴったりのケーキの予約を12月19日(土)まで受け付けている。

クリスマスケーキの定番「ガトーフレーズ」をはじめ、「ノエル ジャンドゥージャ ショコラ」、そしてピスタチオ生地の「ケーク ルージュ ピスターシュ」までリッチでスイートなおいしさを届ける。ケーキの問い合わせ・予約は「レストラン コンチネンタル」へ。【北海道ウォーカー】