M-SOLUTIONSとサイボウズは3日、サイボウズのクラウド型業務開発プラットフォーム「kintone」とソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー(Pepper)」の連携に関する相談やデモ見学ができる「Pepperアプリ導入相談Cafe」を、12月10日にサイボウズの東京オフィスでオープンすると発表した。

 同社によるt、今回の相談スペースでは相談や質問のほか、「kintone」と連携した「Smart at robo for kintone」などのデモの見学や活用方法を知ることもできる。営業時間は毎週木曜日10時〜18時(祝日の場合を除く)。完全予約制で最終受付時間は16:30。所在地は東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27F(サイボウズ東京オフィス)。

 M-SOLUTIONSによると、同社はこれまで20以上の企業向けにPepperアプリケーションの開発を手掛けた実績を持つ。今回その一環として、サイボウズが提供するクラウド型業務開発プラットフォーム「kintone」とPepperの連携ソリューションをサイボウズと共同で開発した。今年、kintoneからPepperの動作を設定できる「kintone GET ボックス」、Pepperからkintoneに自動でデータ登録できる「kintone POST ボックス」をリリースし、kintoneとPepperの利用可能性を広げてきている。