3打差6位に浮上した斉藤愛璃(写真は樋口久子 Pontaレディス)(撮影:ALBA)

写真拡大

<ファイナルクォリファイングトーナメント 3日目◇3日◇紫カントリークラブ すみれコース(6,502ヤード・パー72)>
 紫カントリークラブ すみれコースにて開催中の「ファイナルクォリファイングトーナメント」3日目。台湾のベイブ・リュウがトータル5アンダーまで伸ばし首位タイに浮上した。
【関連】オフショットも!斉藤愛璃フォトギャラリー
 トップからスタートした沖せいら、大西葵の2人もパープレーでラウンド。スコアを落とさず首位をキープした。続いて大谷奈千代と三ヶ島かなが2打差の4位タイにつけている。
 また、斉藤愛璃が“68”をたたき出しトータル2アンダーの6位タイに浮上。来季の出場権をグッと引き寄せた。
 ファイナルクォリファイングトーナメントは今日を含めて4日間行われ、上位者から来季の出場権が与えられる。例年上位35人前後に入れば、出場資格が限られた試合を除くほぼ全試合への出場が可能となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>