FIFAランク、日本は3つ下げて53位…ドイツが4年ぶりにトップ3から転落

写真拡大

 FIFA(国際サッカー連盟)は3日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本代表は前回の50位から3つ順位を下げて53位になった。アジア最上位は前回から2つ下げたイランが45位でトップをキープ。韓国も3つ下げて51位でアジア2番手を維持し、日本のアジア3番手は変わらなかった。また、オーストラリアが3つ上げて57位、UAEが2つ上げて65位で続いている。

 なお、ロシア・ワールドカップ アジア2次予選で日本と同じグループEの各国は、シリアが7つ順位を上げて125位、シンガポールが3つ上げて149位、アフガニスタンが6つ上げて150位、カンボジアも3つ上げて180位。日本以外の全4各国が順位を上げる結果となった。

 上位陣では前回の更新で史上8カ国目のFIFAランキング1位に立ったベルギーがトップをキープ。アルゼンチンが1つ上げて2位に入り、3つ上げたスペインがトップ3に復帰を果たした。その一方で、前回2位だったドイツは2つ下げて4位となり、2011年以来4年ぶりにトップ3から転落した。

 その他、コートジボワールが前回から3つ上げて19位でアフリカ勢トップ。北中米カリブ海勢は2つ上げて22位に入ったメキシコが最上位となった。

■トップ10
1位 ベルギー
2位 アルゼンチン
3位 スペイン
4位 ドイツ
5位 チリ
6位 ブラジル
7位 ポルトガル
8位 コロンビア
9位 イングランド
10位 オーストリア

■ブラジル・ワールドカップ後の日本の順位の推移
2014年8月 44位
2014年9月 48位
2014年10月 52位
2014年11月 53位
2014年12月 54位
2015年1月 54位
2015年2月 55位(ハビエル・アギーレ監督契約解除)
2015年3月 53位(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任)
2015年4月 50位
2015年5月 50位
2015年6月 52位
2015年7月 50位
2015年8月 56位
2015年9月 58位
2015年10月 55位
2015年11月 50位
2015年12月 53位