キスマイ玉森裕太「忘れられないクリスマスの思い出」は? 『レインツリーの国』スパ・リゾートハワイアンズ登壇レポ

写真拡大

Kis-My-Ft2の玉森裕太と西内まりや共演の映画『レインツリーの国』は、「図書館戦争」シリーズ、「阪急電車」など映像化が相次ぐ大人気作家・有川 浩のロングセラー恋愛小説の映画化。

週末観客動員ランキング(興行通信社調べ)にて初登場1位の大ヒットスタート! 

キスマイ玉森裕太の出演作で、いちばん好きな作品は?

ウレぴあ総研でのリサーチ記事「キスマイ玉森裕太の出演作で、いちばん好きな作品は?」でも作品の支持率が高く、この感動の純愛ラブストーリーがあらゆる世代に共感を呼んでいます。 

本日12月3日(木)に主演の玉森裕太、ヒロインの西内まりやが、大ヒットを記念してスパ・リゾートハワイアンズ(福島県いわき市常磐藤原町蕨平50)に訪れ、トークショーと点灯式を執り行いました。

スパ・リゾートハワイアンズでは、現在本作とのコラボレーション企画としてスペシャルエキシビジョン「ストーリー・オブ レインツリーの国」と称した展示会が開催中。

そんな場内イベントスペースに玉森・西内は季節に反した夏の装いで登場し、会場を沸かせました。

現場は来場者が60名!という、激レアイベントで『レインツリーの国』を愛するファンの熱気に玉森・西内は圧倒されていました。

場内は映画で使用した小道具や衣装が展示され、撮影もちょうど一年前だったということで、撮影当時の話に花を咲かせる玉森と西内。

玉森は場内に展示されていた台本を見て

「自分の台本はチェックがすごいから、こんな綺麗だとこの台本を貰った当初を思い出しました」とひとこと。

それを受けて西内は

「玉森さんはすごいんです。現場で台本を広げているところを見たことがなかった。仕事に対する姿勢が素晴らしいです」と絶賛。

そんな玉森は「家で出来ることはやっていけばいい、という考えなのでそんな特別なことは…」と謙遜したが、西内は「それも出来ない私すみません!」と返し、会場の笑いを誘いました。


イベントの終盤には、クリスマスツリーを見ながらのクリスマスの思い出の話に。

玉森は「今年、ついにツリーを家に飾った」とのこと。

今まで貰って嬉しかったクリスマスプレゼントは、トラックのラジコン。

玉森の家はサンタから電話が来るらしく、父が電話に出て、プレゼントのありかを伝えてくれるというロマンチックな演出があったそう。

しかし、当時の玉森は電話を受けてダッシュで取りに行ったら、父の友人がちょうどプレゼントを置いているところだったらしく、「衝撃的で忘れられない」と語りました。

西内は足踏みミシンをお願いしたのに、実際貰ったのは時計だったらしく、サンタからのお手紙を読んだら「雪がすごくて持ってこれなかった」という内容で「忘れられない」と笑顔で語りました。

2人して可愛いクリスマス話を繰り広げながら一緒にツリーを点灯し、ハワイの空気に包まれた会場をクリスマスムードに包みました。

トークの終盤は、玉森、西内2人が本作の魅力を力強くアピールしました。

西内「アロハ〜! 今回、『レインツリーの国』で初めて映画初出演をさせていただいて、この作品のおかげで色々考えさせられました。この映画をきっかけに私のことや難聴のことを知ってくれたりもして、本当に出演させて頂いて良かったなと思いました。

SNSをやっているんですが、Twitterへのメッセージで、「見終わって何時間もたっているのに、涙が止まりません」という感想を頂いて、観て頂いた方の心に届いたんだな、と思い、やりがいを感じている毎日です。

今日のお話を聞いた上で、映画を見て頂けると感じ方も変わると思いますし、皆さんの映画の感想を知りたいので、これから見て頂く方には、ぜひ感想を教えていただけると嬉しいです」


玉森「アロハ! (周りの反響を聞かれ)親や両親、地元の友達からの感想で多かったのは「泣いた」ですね。

親からメールが来て、そのメールに返信できていなかったら「なんで無視するの?伸さんみたいに言葉を大切にしなさい」と言われました(笑)。

(伸さんはメールでは長文ですが)僕はメールでは「うん」とか「そう」とか超あっさりです…(笑)

まだ観ていない方はぜひ劇場に足を運んで頂いて見て頂いて、色んな気持ちになっていただけると嬉しいです。西内さんのSNSにぜひ感想を送ってください!」

※なお映画『レインツリーの国』は、12月5日(土)から12月11日(金)までの1週間、公開中の全国すべての劇場で、すべての上映回を日本語字幕付で上映。日本語字幕付上映は、セリフに加えて、話し手の名前や効果音なども、スクリーン上に字幕で表示することで、聴覚障害のある方など、より多くの方に作品を楽しんでいただく機会になります。