400年前の心臓に動脈硬化を確認 フランス修道院遺跡のミイラから発見

ざっくり言うと

  • フランスの女子修道院遺跡でミイラ加工が施された人の心臓が5つ見つかった
  • 現代にも多く見られるアテローム性動脈硬化の痕が冠状動脈内に発見された
  • 壺に刻印された日付のうち最も早いのは1584年、最も遅いのは1655年だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング