見ると「前向きな気持ち」になる動画が話題 意識の持ち方で肌年齢が変わるらしい

写真拡大

肌に関する調査動画がFacebookで話題になっていました。「私もこういう意識をもとう」という意見がもっぱら。特に世の女性達を前向きにしているようです。

女性の肌を研究している「フェイスマスク研究所」が11月24日に公開したもので、なかなか面白い結果を出しています。
芸能人が出演しているわけでもなく、普通の50代女性が出演しているだけの動画なんですが、再生数は12万を突破。この手の動画では再生数はかなり良い方ではないでしょうか。

【関連:10代の娘にお父さんのニオイを聞いてみた結果!!「雑巾」「足ふきマット」「納豆」】

年齢の「もうまだ調査」が話題

■50代女性の年齢に対する意識

動画では、50代女性にあつまってもらい、自分を「もう50代」「まだ50代」どちらと思うかを答えてもらっています。

結果は次の通り。

・もう50代:73.5%
・まだ50代:26.5%

次に「もう」の人と「まだ」の人に分類して、肌年齢をチェック。
すると面白い結果が出ているのです。

■肌年齢には「前向きな意識」が大事

結果は「まだ」と答えた人の方が肌年齢が−8歳肌。動画に出る中で一番良い結果の人の場合は−13.2歳というものもあります。

▼肌年齢と実年齢の差(平均)
・「もう」と答えた人:−0.9歳
・「まだ」と答えた人:−8歳

結果は「まだ」と答えた人の方が肌年齢が−8歳肌

動画の中のインタビューでは「まだ」と答えた人は、答えた理由に「やりたいことやれることまだまだあると思ったんで」「人生これから楽しい事が沢山あると思ってます」と、今の年齢を前向きに捉えているようすがうかがえます。

対し、「もう」と感じる人は「人生の半分を生きた感がある」といった消極的意見。

ほんの些細な意識の違いですが、動画では「“まだ”と宣言してみませんか。」とメッセージを送っています。

まだと宣言してみませんか

この動画を配信した「フェイスマスク研究所」は、フェイスマスクの販売を行っているグライド・エンタープライズが運営しています。しかし内容にはフェイスマスクの宣伝はほとんどなく、純粋に調査だけが紹介されている点も、見る人から好感を得ているようです。

※「見ると「前向きな気持ち」になる動画が話題 意識の持ち方で肌年齢が変わるらしい」はおたくま経済新聞で公開された投稿です