NYでも注目の野菜「ケール」を使った「BKTサンドイッチ」

写真拡大

"ニューヨークの朝の女王"といわれるレストラン「サラベス」は2015年12月4日、東京・八重洲の鉄鋼ビルディングに新店「サラベス 東京店」をグランドオープンします。

人気の朝食メニューのみならず、NYレシピの新メニュー、東京・恵比寿に本店を構えるスペシャルティ・コーヒー専門店「猿田彦珈琲」のコーヒーを使ったスペシャルスイーツなどが楽しめる店舗です。

夜はビストロメニューも充実

NYスタイルの食べごたえあるサンドイッチなどを豊富に用意した店舗。特にオススメなのは、NYでも注目の野菜「ケール」とベーコン、トマトを使った「BKTサンドイッチ」です。夜のビストロメニューも充実していて、季節ごとにテーマを設けたお酒、お肉、お魚のメイン料理も数多く取りそろえています。

スイーツ、コーヒーも特別バージョン。スペシャルティ・コーヒー専門店「猿田彦珈琲」を使った「コーヒープディング」や「アマレットティラミス」が堪能できます。スイーツだけでなく、もちろん「猿田彦珈琲」のコーヒーも用意しています。サラベスの料理、スイーツと一緒に、「猿田彦珈琲」の"恵比寿ブレンド"をどうぞ。

場所は東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング南館2、3F。全面ガラス張りの2階メインダイニングは、日中は暖かな日差しがたっぷり差し込み、アフター5は落ち着いた明かりに照らされる、"アメリカン・コージー"な空間です。3階のルーフトップテラスは、東京駅の間近にあるとは思えない開放的な空間。カウンターのみの店内はレンガの壁、木目調の床になっていて、夜は隠れ家のような雰囲気です。

営業時間は平日8時から23時30分まで(L.O.22時30分)、土曜9時から23時30分まで(同)、日曜9時から22時まで(同21時)。詳しくは公式サイトから。