写真提供:マイナビニュース

写真拡大

STマイクロエレクトロニクスは12月3日、BroadR-Reachインタフェースに対応した車載システムにおいて、EMI(電磁妨害)ノイズを抑制する高集積ローパス・フィルタ「EMIF02-01OABRY」を発表した。

同製品は、15kV ISO 10605規格に対応するサージ保護機能を搭載するほか、AEC-Q101車載規格にも準拠。同社は、すでにアプリケーション上で実証済みの集積型ソリューションを提供することで、最終製品の小型化と設計期間の短縮を実現するとしている。

また、車載システムに求められる動作温度範囲(-40〜125℃)における減衰率はBroadR-Reach規格に準拠しており、反射損失-20dB(60MHz時)、集積される2つのラインの間の部品整合誤差1%の性能を実現している。

「EMIF02-01OABRY」は現在サンプル出荷中で、1000個購入時の単価は約0.48ドル。