写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Red Hatはこのほど、「OpenShift Enterprise 3.1」と「Red Hat Atomic Enterprise Platform」のパブリックプレビューを発表した。

「OpenShift Enterprise 3.1」では、セルフサービスツール、アプリケーションのビルドオートメーション機能拡張、Jenkins による継続的インテグレーション機能の追加、および自動的なデプロイメント機能を含む、開発から本番の運用までのアプリケーションライフサイクル管理なども可能となった。

また、Dockerの最新版とKubernetesによるオーケストレーションエンジンを利用することで、コンテナベースのアプリケーション開発、企業での利用にも耐えうる信頼性の高いクラスタ化されたコンテナ基盤(Red Hat Atomic Enterprise Platformとして単体でのパブリックプレビューも利用可能)を提供する。

そのほか、Red Hat JBoss Fuse、Red Hat JBoss BRMS、およびRed Hat JBoss Data Gridを含むRed Hat JBoss Middlewareをコンテナアプリケーションとして提供。

「Red Hat Atomic Enterprise Platform のパブリックプレビュー 」は、コンテナアプリケーションに最適化されたオペレーティングシステムである Red Hat Enterprise Linux Atomic Host をスケールアウト可能で信頼性を向上するためにクラスタ化された基盤を提供する。

同プラットフォームには、Docke およびOpen Container Initiative(OCI)形式によるランタイムおよびパッケージング形式、Open vSwitch を使用したスケーラブルなマルチホストコンテナネットワーキングなどが含まれる。