写真提供:マイナビニュース

写真拡大

LIXILは12月2日、東京大学大学院情報学環ユビキタス情報社会基盤研究の坂村健 教授の協力を得て、住生活におけるIoTの活用に向けた「LIXIL IoT House プロジェクト」を開始すると発表した。

同プロジェクトは3つのフェーズに分かれており、第1フェーズ(2015〜2016年)で構想・予備実験を行い、第2フェーズ(2016年〜2017年)では実証環境の構築、第3フェーズ(2017年〜)では、実際に実証実験施設を建設し、有効性の検証を行う予定。

同社はかねてより、研究施設「U2-ホーム」でセンサーを使用して生活シーンに合わせて住環境をコントロールする研究に取り組んでおり、今回のプロジェクトについては「IoT House プロジェクトでの研究を通じて、豊かで快適な住生活の未来に貢献していきます」とコメントしている。