ポテトの薄切りは揚げずにオーブンへ! 簡単でレストラン級にオシャレな「焼きチーズポテト」のレシピをご紹介☆

写真拡大

じゃがいもの皮をきれいにむいて、スライサーで薄く、スライスする。この過程を経て出来上がる料理として、まず思い浮かぶのが、「ポテトチップス」ですよね? 

でも、動画サイトYouTube内チャンネル「Home Cooking Adventure」に投稿されていたのは、スライスしたじゃがいもを油で揚げるのではなく “オーブンでグリルする” おしゃれな1品、「パルメザン・ポテト・スタックス(Parmesan Potato Stacks Recipe)」なの!

【「じゃがいもをスライスする」ところまでは同じ】

冒頭で述べた手順まで進めたら、じゃがいもをボウルに入れ、以下の材料を加えて全体にまんべんなく行き渡るよう、混ぜ合わせましょう。

・バター
・パルメザンチーズ
・ガーリックパウダー
・タイムの葉
・塩コショウ

【マフィン用の型を使用します】

マフィン用の焼き型の内部にバターを塗り、その中でじゃがいもを重ねるようにして配置。

【なんだかオシャレなものができたゾ】

トップに黒コショウを挽いたら、あらかじめ熱していたオーブンでじっくりグリルしましょう。55分から1時間ほど焼き、表面が黄金色になったら取り出して、冷ましておいて。

そうして最後に上からパルメザンチーズ&タイムをぱらりと振りかければ、「パルメザン・ポテト・スタックス」のできあがり! めちゃんこ簡単なのに、美味しそうだしオシャレですよねっ!

【年末年始に作ってみてね☆】

手間いらずなのに華やかな同メニューは、年末年始のおもてなし料理にもピッタリ。レストランさながら素敵に盛り付けて、白ワインないしシャンパンと合わせれば、ゲストもきっと感心してくれるはずよ。

分量などの詳細は、同サイトをチェック。じゃがいもが美味しいこの季節に、さっそく作ってみてはいかがでしょうか。

参照元:YouTube(Home Cooking Adventure)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る