画像

写真拡大

 Jストリームは、新日本プロレス見放題サービス『新日本プロレスワールド』での「マルチアングルキャッチアップ配信」において、動画を安定的に配信するためのCDN「J-Stream CDNext」を提供する。

 Jストリームは、電通、電通国際情報サービス(以下ISID)が、テレビ朝日と新日本プロレスリング(以下、新日本プロレス)のコンテンツ協力のもと実施する、新日本プロレス見放題サービス『新日本プロレスワールド』での「マルチアングルキャッチアップ配信」に協力し、動画を安定的に配信するためのCDN(Content Delivery Network)を提供する。

 CDNとは、デジタルコンテンツをインターネット経由で配信する際にWebサーバーの負荷低減、配信速度の向上を実現するサービスのことで、Jストリームの「J-Stream CDNext」が堅牢なネットワークを構築しており、多視点・高画質の大容量コンテンツを安定的に配信できるため今回の協力、提供に至った。

 今回の取り組みでは、さまざまな角度から同時に撮影した動画コンテンツをユーザー自身が自由に視点を切り替えることのできる「マルチアングルキャッチアップ配信」を動画配信方法として採用。そして電通とISIDが共同で開発した多視点動画配信ソリューション「VIXT(ビクスト)」を用いて動画を配信する。

MarkeZine編集部[著]