SW監督が撮影で骨折していた、ハリソン助けようとしたら自分も背骨折る。

写真拡大

J・J・エイブラムス監督は、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の撮影中に落下してきたドアからハリソン・フォードを救おうとして、背中を骨折していたという。

ハリソンは、自身の演じるハン・ソロが操縦するミレニアム・ファルコン号の水圧式ドアが落下してきたことで足首を骨折するに至っていたが、ハリソンを“アイドルの1人”とあがめるエイブラムス監督はハリソンを助けようとそのとても重いドアを持ち上げたが、自身の背骨も骨折する羽目になってしまったという。

エイブラムス監督は当時を振り返って「水圧式のドアが落ちてきた時、その真下にいた人を押しつぶすかたちになってしまったんだけど、それがハリソン・フォードだったわけさ。理想的なシナリオじゃないよね。彼はそれで足と足首を骨折したよ。彼の足首は真横になってしまった、90度くらい傾いていたんだ。すごくひどい状態だったよ。それで僕は自分のアイドルの1人が倒れ込んでいるところにいたわけさ。それって彼にとっても理想的なシナリオじゃなかったよね。だから僕はそのドアを持ち上げようと『愛する人を守るためにあの車を持ち上げるんだ』っていうハルクみたいなパワーで駆け寄ったのさ」「その時に気づいたのは2つのことだったね。1つは水圧式ドアは持ち上げるようになっていなければ持ち上がらないということ。そして骨は折れるものだということ。背中の下部にパキって感じて『今のなんだ?肉離れか?』と思ったんだ。しかもそれは僕が友人を助けようとしていた時だったんだ」と、ラジオ番組に出演した際に説明した。

そんな必死の救出劇に及んだエイブラムス監督だったが、結局はスタッフの1人がボタン1つ押したことでいとも簡単にドアを持ち上げられたため、無意味に終わってしまったそうで、「そのわずか数秒後に大きなボタンを持った男性によってそのドアは持ち上げられたんだけど、僕の背中は一日中痛くて、もちろんハリソン・フォードが足首を骨折したっていう事実だけが頭にあったね。そういう時って考えられないもんだよね」と続けた。

そんなハプニングに見舞われた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は、いよいよ12月18日に公開となる。