漫画家・西原理恵子のクラウドファンディングが絶好調!高知に“サイバラ電車”が走る日
『毎日かあさん』で型破りな子育てを描き、『スナックさいばら おんなのけものみち』で女の悩みにズバッと答える漫画家・西原理恵子さん。アラサー女子から子育てママまで幅広い層に人気の“マンガ界の肝っ玉母さん”です。

 そんな西原さんが「週刊SPA!」で不定期連載している「できるかな」シリーズの新企画が『サイバラ電車できるかな』。西原さんのふるさと高知には今でも路面電車が走っていますが、その車体に絵を描いて“サイバラ電車”として走らせようというんです。

「子供の頃から高知の路面電車が好きです。観光客の方にも好評だから、これを派手にいろいろやらかして、動く観光名物にしたらどうかなあ……と、前から考えていました」とは西原さんのコメント。でも、それにはお金がかかります。

 いわゆるラッピング広告電車ということになるのですが、高知市内を走るとさでん交通の路面電車の場合、なんと1年間走らせるのに消費税込みで648万円もかかるんですって!

◆クラウドファンディングは2日で450万円達成!

 そこで考えたのが、近頃話題のクラウドファンディング。インターネット上で支援者を募って資金を集める仕組みで、支援者は出資額に応じてリターン(特典)がもらえるというものなんですね。でも、いくら人気者の西原さんとはいえ、648万円ものお金が集まるのでしょうか……?

 そんな不安を吹き飛ばすかのように、大手クラウドファンディングサイト「Makuake」で12月1日にスタートした西原さんのプロジェクト「ふるさと高知にサイバラ電車を走らせたい! 漫画家・西原理恵子の観光PR大作戦!」は初日で270万円を集め、同サイトの「今日の人気ランキング」1位を獲得!

 さらに開始から24時間後には目標額の55%を超える怒濤の勢い。12月2日21時時点で、なんと450万円が集まっているのです。

 ツイッターでも話題となり、支援者からは「高知をサイバラ色に盛り上げてください!」「サイバラ電車が走るのをこの目で見たいです!」「高知は遠いけど、実現したら行っちゃうかも!?」といった熱いメッセージが届いているとか。

 SNSのアイコン等に使える似顔絵、人生相談に描き下ろし1コママンガで回答など、人気の特典はすでに完売状態だけど、お手軽な3240円コース、描き下ろし限定版カレンダー付きの5400円コース、「サイバラ電車で西原本人と宴会」コースなどはまだ残っている模様(12月2日現在)。

 もしかしたら新特典の追加もあるかも!? とのことなので、西原ファンは要チェックです!

※募集サイト Makuake「ふるさと高知にサイバラ電車を走らせたい! 漫画家・西原理恵子の観光PR大作戦!」
https://www.makuake.com/project/saibaratrain/

<TEXT/女子SPA!編集部>