アレル物質を99.99%以上キャッチ!(写真は、「Cornet EC‐HX150」ゴールド系)

写真拡大

シャープは、「ヒートサイクロン」技術を採用したサイクロンふとん掃除機「Cornet(コロネ)」の第2弾モデル「EC‐HX150」を、2015年12月3日に発売する。

「Cornet」は、熱を嫌うダニの習性に着目。掃除機内部で発生する熱を利用した「ヒートサイクロン」技術によって温風を吹き付け、布団の繊維にしがみつくダニを熱で引きはがし、たたき振動と強力な吸引力で布団のダニやアレル物質(ダニのふん・死がい)を除去する。温風とプラズマクラスターの相乗効果で、枕などの気になるニオイも消臭する。

「EC‐HX150」は、たたき振動数を従来機種と比べて約2倍の毎分最大1万2000回に高めた「たたきハイパワーブラシ」を新たに搭載。ブラシと強力吸引で、シーツ裏側のハウスダストも吸い込むと、本体内部の2枚の高性能フィルターと、新採用の「Ag+アレルディフェンスフィルター」で吸い込んだハウスダストなどに含まれるアレル物質を99.99%以上キャッチして、きれいな空気を排出する。

さらに、羽毛布団など傷みが気になるデリケートな寝具に最適な「デリケートモード」を新たに搭載。運転モードを選べる。

本体底面には、抗菌素材を新たに採用した。色は、上質な眠りをイメージしたゴールド系とホワイト系の2色を展開する。

オープン価格。