睡眠時間と風邪のひきやすさの関係 短いほどリスクが上昇すると判明

ざっくり言うと

  • 睡眠時間の長さによって風邪のひきやすさが違うことが明らかになった
  • 7時間以上の人に比べて、5時間未満では4.5倍も風邪をひきやすいと判明
  • ストレスレベルよりも睡眠時間の方が健康にとって大きな要素だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング