今シーズンを振り返った横峯さくら(撮影:福田文平)

写真拡大

 11月の「ロレーナ・オチョア招待」でシーズンを終えた横峯さくらが自身の公式ブログを更新し、米ツアーフル参戦初年度となった今シーズンを振り返った。
さくらのドレスアップ写真など毎週更新!女子プロ写真館
 「1年間の振り返り☆」というエントリーの中で横峯は「今年は、いろんな事がありました。初戦は、マンデーからのスタート。結果は本戦出場できず。2戦目から3週連続の予選落ち。とっても落ち込みました」と苦しんだシーズン序盤についてコメント。さらに「メジャーに出場するためには何位までに入らなければいけないとか、リランキングがあったりアメリカツアータフ過ぎる」と厳しい米ツアーでの戦いについてつづった。
 今季の横峯は3月の「キア・クラシック」で8位タイに入ると、最終戦となった「ロレーナ・オチョア招待」では今季ベストとなる5位に食い込むなど、最終賞金ランキングは44位。「ベスト10に入れたのは二回のみ」と厳しい自己評価を下す一方で、「でも、こういう感情が出てきたということは、しっかり上を目指せているんだな!!この位置で満足していないんだな!!という確認が出来たので良かったです」と前向きにとらえていた。
 最後には「今年は未勝利に終わってしまいましたが来年は最低でも3勝したい!!!!!今年も1年間、応援ありがとうございました」と締めくくった横峯。短いオフを終えて再び厳しい戦いに踏み出していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>