今、あるポスターがインターネット上で“切ない”と話題になっている。「See you」と赤字で書かれた文字の横に、手を挙げたマクドナルドのキャラクター・ドナルドの後ろ姿が描かれているポスターだ。

 使用期限が切れた鶏肉を材料に使っていた問題や、異物混入問題などが引き金となって業績低迷が続いたマックが、全国で次々に閉店となっているのだが、このポスターは閉店を知らせるものだ。

 告知もなく、突然貼られることもあって、利用者には青天の霹靂。それゆえ切なさを感じているようだ。

「2014年末日で店舗数は3094店舗で、閉店した店舗数は111店舗。今後の閉店数は流動的ですが、現時点では150〜160店舗を予定しています」(日本マクドナルド広報)

 では、なじみのマックがなくなる可能性はどの程度かといえば、約5%。逆にいうと約95%の確率で存続する。でも、やっぱり胸のざわめきは止まらない。

※女性セブン2015年12月17日号