「スタジアムの話をしよう」山嵜一也×杉山茂樹(中編)

2020東京五輪に必要なのはどんなスタジアムなのか。参考になるのは成功を収めた前回ロンドン五輪の競技施設だ。イギリスで12年間、建築設計に関わり、ロンドン五輪では馬術の会場を担当した山嵜一也氏と、スポーツライターとして世界各地のスタジアムを訪れてきた杉山茂樹氏が語り合った。

杉山:先日、シンポジウムで山嵜さんのお話を聞いていたら、例えば上野の山に仮設で競技施設を作ってしまえというようなことをおっしゃっていました。東京の名所旧跡をもっと利用して、そこに仮設でいいからどんどん作っちゃったほうがいいんじゃないかということですね。

山嵜:ロンドンはまさにそういうやり方でした。マラソンコースを市内の真ん中にして3周しましたが、回っているところは観光名所ばかり。だから選手の肩越しにロンドンの美しい街並みが見え、ある意味、マラソン中継は観光案内番組のようだった。言ってしまえば戦略的な見せ方をしていたのです。

杉山:テレビ局ともうまく組んで、プロモーションビデオに近い感じにしましたよね。

山嵜:ロンドンや英国は見せ方がうまい。オリンピックに取り組むにあたり、国家戦略みたいなところから考えているのが感じられました。オリンピックが目的ではなくて、オリンピックを手段として考えていたと僕は思っているんです。今、日本企業の人たちはいかにオリンピックから仕事を取るかみたいな話をしているけれども、もっと長期的に考えて、日本の様々な問題、例えば少子高齢化や介護などの問題に結びつけて、オリンピックを活用する考え方をすべきです。具体的には外国人観光客がいっぱい来ている現状から考えても、観光促進に五輪を繋げるべきだと思う。世界中のテレビの前にいる人に、五輪を通してさらに日本に興味を持ってもらい、観光してもらう。将来は日本に住んで働いてみたいと思ってもらえば移民政策にも繋がる。

杉山:ロンドンがあのコンセプトで成功したんですから、日本ももう少し、なんで観光のことを言わないのかなと思います。

山嵜:僕もそう思います。日本人は個人旅行をあまりしたことがないということも関係するのかもしれませんが、杉山さんにしても、1人で仕事で海外に行くと、すごく苦労しますよね。

杉山:スタジアムどこだ、みたいな。

山嵜:そう。海外だとまず電車が来ないとか。その点、日本のきちんとした運行を一度体験すると、「ああ、いいなこの国は」と思える。新幹線に乗りたがる彼らって、そういうところを見ますよね。1〜2分遅れるだけでアナウンスで謝っているのを通訳すると面白がる。「たった1〜2分なのになんで?」と。だから「それが日本人のスタイルなんだよ」って、きちんと伝えてあげます。

杉山:そうですよね。ドイツ人は日本人と似てると言いますが、ドイツのW杯の時なんかも電車が遅れるし、1時間ぐらい遅れても誰も文句を言わないじゃないですか。日本だとあり得ない話なんですよ。それをドイツ人でさえやる。イギリスは結構当たり前。イタリアとかはもっとひどい。でも日本って、サインの表示が悪くないですか。

山嵜:良くないですよね。あれはサインを作る人が、インドとか韓国とかにバックパックのひとり旅をして、英語表記のない中で右往左往すれば、見え方や考え方が変わり一発で修正される気がする。ヒンディー語やハングル文字に囲まれて、英語がちらっと見えた時には、「ああ、よかった」ときっと思うでしょう。日本語がまったく読めない観光客は同じ不安を抱えて旅しているはずです。なので、旅先での心細さを体験すれば、もう少し英語を大きくしてサインが整理されるような気がするんです。たぶん英語と日本語だけで十分。中国語や韓国語の需要も多いかもしれないけど、それをやるから表示が小さくなって分かりづらくなる。日本のラッシュの人の流れの中でサインを認識して、行き先を瞬時に判断するのは非常に難しいと思います。しかも大きな荷物を抱えて。

杉山:韓国人だってABCは読めますからね。外国人が一番困っちゃうのが、平仮名と漢字に囲まれた世界に置かれること。スタジアムに行っても同じような感じがします。入場口とか動線が外国は分かりやすいんですよ。日本の場合、日本語が読める僕らでもそこの席に到達するまでにえらい苦労することがある。外国のほうが全然スムーズですよ。ゲートがでかいとか。

山嵜:今まではある程度、島国であることから、日本語が分かる人が阿吽(あうん)の呼吸の中で生活する状況が許されてきたんですよ。だけどヨーロッパやアメリカではかなり早い段階からいろいろな人たちがミックスされていた。そうなってくると、言わなくても分かるぐらいの簡単なサインに早くから対応していたのかなと思います。文字にしなくても分かるぐらいのシンプルさというのは、スタジアムや公共建築の空間で結構大事です。

杉山:ロンドンオリンピックで、山嵜さんは馬術の会場のご担当だったんですね。公園という立地をうまく生かした、仮設スタンドではあるけれども趣がある会場でした。

山嵜:世界遺産であるグリニッジ公園を競技会場にしてしまうというのも大胆で面白い発想でした。ロンドン市内に公園がいくつかある中で、代表的な場所としてグリニッジを選んだ。もとから観光名所でもあるので、そこをピックアップしたというのはセンスがあるなと思います。

杉山:グリニッジというのはロンドンのどのあたりですか。

山嵜:ロンドン市内の南東部です。広大な芝生に2万人収容の馬術会場の仮設アリーナと、公園全体に全長6kmのクロスカントリーコースを設置しました。ロンドンは平らな街でそんなに高低差がないんです。グリニッジの天文台はちょっと高台にあるので、そこから市内すべてが見通せる感じになっているんです。その一番高いところにクロスカントリー競技の障害物を置き、人馬が跳ぶ姿を後ろから撮影すると、ロンドンの街に向かって跳んでいるように見えた。期間中、馬術競技を紹介するメディアなどでそのアングルが多く使われるようにコースレイアウトされていました。

杉山:こういうところに作ると、スタジアムは仮設で軽いんだけど、雰囲気に重々しい感じが出ますよね。日本はその逆。スタジアムは立派なんだけど、国立なんてせっかく神聖な場所にあるのに、それを生かさない。

山嵜:そういったこともロンドンはある程度早い段階でピックアップできていた。招致委員会のファイルの中で、もうこの場所も決まっていたんです。競技場建築に対する目利きの力を持ち、ロンドンの街の魅力についても考えることができる人材が招致委員会の中にいたんだろうと思います。

杉山:スポーツをどう見せるかということを考える人がいるんですね。日本はそれがない。実際に決まってからはテレビ局の人も何かやるのだろうけど、オリンピック全体をどう見せるかということを考える人がいないんじゃないかな。それもやはりスポーツ文化に関わることかもしれない。

山嵜:イギリスはスポーツといったらイコールサッカーみたいなところがあります。あとはラグビー、クリケットがあるぐらい。みんなが見るものが決まっているような気がします。それが歴史があるという話なんだろうけれども。あとはスポーツを議論する文化というのがある。テレビで『マッチ・オブ・ザ・デイ』みたいなのをやっていて、ワンプレー、ワンプレーを巻き戻して見ながら議論している。日本でそこまでしゃべっている人はいないですよね。

杉山:昔は『プロ野球ニュース』のような番組があったけど、減りましたよね。1試合に5分、10分かけて解説の人がああだこうだ言うような番組はないし、独自の見方をする番組もない。誰がゴールを決めたという話で終わってしまいます。あと、やはりイギリスの人はスタジアムで観るのが好きですね。サッカーだっていつも満員じゃないですか。

山嵜:満員でした。プレミアリーグが本当に強かった00年代は、チケットはなかなか取れなかったです。でも、そういうスポーツ文化のベースがあると、いい選手、試合、観客、そしてスタジアムが出てくるのだと思います。建築というのは、必ずしもいい設計士を使ったからいい建築ができるというのはなくて、発注する側のプロジェクトに対する理解や思いというのも大きく影響する。プロジェクト実現までの過程ではお金とか工期とか様々な問題が必ず出てくるんです。でも、それでも「やっちゃえ」という判断をしてくれるのは、結局は発注側なのです。

 そこでなぜ「やっちゃえ」と言えるかというと、結局、いいスタジアムとかいい文化を俺たちが作るんだという気概があるからだと思う。それがあれば、自然といいものが出てきます。だけど逆に気概やビジョンのない発注者だと、国立競技場みたいな問題が起きてしまうということはあるんじゃないかなと思います。
(つづく)

【profile】
山嵜一也(やまざきかずや)
1974年東京都生まれ。2001年単身渡英。「アライズ アンド モリソン アークテクツ」にて、ロンドン五輪(招致マスタープラン模型、レガシーマスタープラン、グリニッジ公園馬術競技場現場監理)やキングスクロス セントパンクラス地下鉄駅改修などに関わる。2013年1月帰国。山嵜一也建築設計事務所主宰。女子美術大学非常勤講師。 

text by Sportiva