「ネット配信で作品を観る」という視聴スタイルをアメリカで定着させたNetflixは、他社と比べてもオリジナル作品の質が高い。

 昨年、優秀なテレビ番組に贈られるエミー賞を3部門で受賞した『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』をはじめ、オリジナルドラマがアメリカで大ヒット。日本ではフジテレビと提携し、同社制作、桐谷美玲主演のドラマ『アンダーウェア』を配信し話題となった。

 来年には、芥川賞を受賞した又吉直樹の『火花』のドラマ版を制作し、独占公開されることが決まっている。現在は邦画などの品揃えが弱いと指摘されているが、『仁義なき戦い』シリーズなど邦画の名作もラインアップに加わり、今後、ますます充実していく予定だ。
 
 ユーザーの使いやすさにもこだわっている。「レコメンド機能」は、ユーザーが過去に視聴した映画やドラマの傾向を分析し、その人に合った作品をオススメしてくれるというもの。作品を観るほどに正確さを増すため、使い込むうちに自分の好みをより理解してくれる。

 料金は画質によって3つのプランに分かれている。標準画質(SD)なら月額650円、ハイビジョン画質(HD)なら950円、4K画質なら1450円(全て税別価格)と、ユーザーの好みと視聴環境に合わせて選べる。

●データ
・コンテンツ数/非公開
・会員数/世界60か国以上で約6900万人
・月額料金(税別)/ベーシック650円(SD)、スタンダード950円(HD)、プレミアム1450円(4K)
・支払い方法/各種クレジットカード、ビックカメラで。販売されているギフトカード、ソフトバンクの携帯料金に課金など
・同時視聴台数(テレビやスマホなどで同時に視聴できるデバイス数)/コースによって異なる ベーシック1台、スタンダード2台、プレミアム4台
・ダウンロード視聴/不可
・無料期間/1か月
・ここがスゴイ!/オリジナル作品に強く、来年に又吉直樹の芥川賞受賞作『火花』の
ドラマ版が独占配信される

※週刊ポスト2015年12月11日号