今やCMでもショップでも推され、種類も豊富なノンシリコンシャンプー。シリコン入りは髪に悪いようなイメージになりつつありますが、シリコン入りでも髪に良いものはたくさんあるのです。ノンシリコンとシリコン入りシャンプー。どちらが自分にあっているのか、一度考えてみてください。

そもそもシリコンは悪者ではない

赤ちゃんの時には髪の毛も細く、コラーゲンや水分がたっぷりで、髪の毛同士の摩擦も少ないため、ベビー用石鹸で髪の毛を洗ってもゴワついたりしません。しかし、オトナが石鹸で髪を洗うとどうなるでしょう? 年齢とともにコラーゲンは失われ、天然の脂分や水分も少なく髪もしっかりしているので、シャンプーによる摩擦も含も負荷となり、石鹸だけでは髪の毛はキシキシ、パサパサになりまとまらなくなってしまいます。そこでシリコンの登場です。シリコンは完全人工物のコーティング剤のようなもの。キューティクルに付着しコーティングしてくれるので洗っている時にも髪を保護しながら洗うことができ、そのため指通りが良く、洗いあがりのパサつきも防いでくれるのです。つまり毛髪のキューティクルを保護してくれる役割を持っているのがシリコンなのです。

ではなぜノンシリコンが流行っているの?

ではなぜシリコンが悪者のように扱われ、ノンシリコンが大流行しているのでしょうか。それはシリコンにはデメリットがあるから。もしすすぎ残しがあると毛穴に詰まって頭皮のトラブルを招いたり、髪の内側に薬液を浸透させるパーマやカラーがかかりにくいことがデメリットです。

しかもシリコン自体にはキューティクルを「補修」してくれる効果は無く、むしろ常にコーティングしてしまうことで、髪が弱くなるという噂もあります。ただ、毛髪が生まれるのは頭皮の奥。毎日洗髪してもシリコンが頭皮まで浸透することはありえないので信用には値しないでしょう。

ノンシリコンシャンプーには天然成分やオーガニックが多く使われているため安心感があり、シリコンなしの素髪に戻すと徐々にボリュームアップすることが人気の理由になっているのです。

シリコンシャンプーでおすすめは?

ノンシリコンであっても、すべてが天然成分というわけではなく、石油由来の界面活性剤が使われていることがあります。長期で使うとそれこそ体に良い成分ではないので、ラウリル硫酸Na、スルホン酸Na、コカミドDEAなどの表記があるものは避けた方が良いでしょう。

一方シリコンが含まれているシャンプーには髪をサラサラにしまとまりやすくする働きがあり、さらにアミノ酸系やベタイン系などの両性界面活性剤を使った洗浄剤のものであれば髪にとって良いシャンプーといえます。

髪がベタつきがちだったりボリュームアップしたい人はノンシリコン、しっとりとまとめたいならシリコンと自分に合ったシャンプーを探してみると良いですね。あるいは春夏/秋冬で使い分けるのもおすすめですよ。


writer:しゃけごはん