テレビをはじめPCやスマホでも視聴可能(dTV)

写真拡大

「インターネット動画配信サービス」とは、ネット回線を通じて動画を配信するサービスで、昨今、ネット回線が高速かつ大容量になったことで急激に成長している。

 今年9月に、6900万人もの会員数を誇る世界最大のインターネット動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」が日本に上陸。ユニバーサルなどが出資して作られた「Hulu(フールー)」や、NTTドコモが提供する「dTV(ディーティービー)」、USENグループから独立してできた「U-NEXT(ユーネクスト)」なども会員数を増やしており、サービスは“戦国時代”に突入している。

 テレビを有料で視聴する文化がある欧米と違い、日本では“テレビは無料”という価値観が根付いている。なぜ、会員数が増えているのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏がいう。

「ドラマの予定調和な展開や、バラエティ番組などで度々発覚するヤラセ問題が原因で、多くの視聴者は今のテレビに疑問を抱いています。一方の制作側もスポンサーへの配慮や視聴者のクレームに対する過剰な自主規制で、制作意欲が薄れている。テレビ業界全体に蔓延している“倦怠感”を払拭してくれるのが、ネット配信なんです」

 例えばフジテレビは女性下着メーカーを舞台にしたオリジナルドラマ『アンダーウェア』を制作してNetflixに提供しているが、地上波では扱いにくい“下着”という題材は、ネット配信だからこそ企画できたと言われる。

「視聴者は多くの作品群から自分の好きなものを選べ、厳しい規制から解放された制作側は自由に面白いものが作れ、再びそれが視聴者に受け入れられる。ネット配信には、本来あるべき“健全な視聴環境”があると言えます」(井上氏)

 各サービス会社は多額の投資で、オリジナルドラマ制作のほか、最新ハリウッド映画や過去の名作などの配信権利を取得。テレビ局と提携することで人気ドラマやバラエティ番組なども放送直後から配信し、“見逃し”や“録画し忘れ”にも対応している。

 では、テレビで配信動画を視聴するためにはどうしたらいいのか。ITライターの小野均氏が解説する。

「方法はいくつかありますが、私のオススメは2つ。1つは『STB(セットトップボックス)』という、スマートフォン(スマホ)やパソコンとテレビを繋げる機器を使うことです。dTVは専用の『dTVターミナル』(リモコン付きで税別6980円)を発売していますが、グーグルの『クロームキャスト』(税別4200円)など、より多くのサービスで使える汎用型の使い勝手がいいと思います」

 クロームキャストをテレビの裏側にあるHDMI端子にさし込むと、自宅の無線LANの電波をキャッチしてスマホやパソコンの映像がテレビに出力される(有線は非対応)。スマホはリモコンとして使える。

「2つ目はテレビ自体がネットに繋がる『スマートテレビ』で観る方法です。スマートテレビは、ソニーやパナソニックなどから発売されています」(小野氏)

※週刊ポスト2015年12月11日号