画像

写真拡大

 フロムスクラッチは、電通デジタル・ホールディングスが運営する投資事業有限責任組合などを割当先とする第三者割当増資を実施し、総額約10億円を調達した。調達した資金は次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」の新機能開発などに充てられる。

 フロムスクラッチは、電通デジタル・ホールディングスが運営する投資事業有限責任組合、グローバル・ブレインが運営する投資事業有限責任組合、日本ベンチャーキャピタルが運営する投資事業有限責任組合などを割当先とする第三者割当増資を実施し、総額約10億円を調達した。同社によれば、今回の調達額は、BtoB、クラウド・エンタープライズ型のサービスを扱う企業においては国内最大規模とのことだ。

 今回の資金の用途に関しては、同社の次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」においてのオフライン・非構造データの取得機能の開発や、人工知能の開発強化などに充てられる。

MarkeZine編集部[著]