今年の『はたちの献血キャンペーン』CM

写真拡大

 先日のNHK杯(GPシリーズ最終戦)で世界歴代最高得点を弾き出し、「もはや異次元!」とまで絶賛されたフィギュアスケート五輪王者の羽生結弦選手(20)。フリーの200点台、合計300点台はいずれも史上初の大快挙。本人も松岡修造氏の取材に「連覇云々よりも(この点数に)僕自身がこの先どうするのよ、って感じ」と、ゆず笑みにやや戸惑いを交えた。

 羽生選手といえば忘れもしない昨冬の中国杯最終日(11月8日)の着前練習で中国選手と正面衝突し、額と顎から流血しながらも応急処置後に銀メダルを獲得...あの上海の衝撃から約一年後にジャンプ新時代の地平を自ら切り拓いたのだから、やはり「絶対王者」だ!

献血で子息の入試加算という中国式...。

 点数と中国の話題が続いたので、さらに献血のネタを絡めて三題話をしてみよう。というのも羽生選手、あの衝突劇から再び冬期を迎えた今春(1月1日〜2月28日)は「はたちの献血キャンペーン」のキャラクターに就任してCMにも出ていたから満更無縁の話題でもない。が、そんな彼も点数と中国をめぐるこんな異次元話はきっと御存じないだろう。

 なんでも人民の献血離れが深刻化している中国では「親が献血すれば子供の進学を優遇する」という奇策が各地で呼びかけられているとか。いまや1点差が将来の明暗を分ける受験戦争下の中国、親が8.000CC献血すれば中学入試の成績を+3点、6.000CCは+2点、4.000CCは+1の加算というが...来年の受験組は積算の歳月に乏しく不公平、健康状態から献血を拒否される親子は立場上不利など、一部の保護者からは批判も起きているという。
(大紀元http://www.epochtimes.jp/jp/2014/09/html/d37506.html)

 今年の流行語大賞にも「爆買」が選ばれて今年は中国人の異文化ぶりが何かと話題を呼んだ一年だが、前述の"献血離れ"に関してはわが国の現況も笑ってばかりはいられない。

 羽生選手起用の広報コピーが「いのちをつなぎとめる、ぼくたちにできること。」であったが、この10年間で10代・20代の献血者数が23%減という深刻な事態が現在進行中。少子高齢化の列島で輸血を必要とする人の数(1日平均3.000人)は年々増えており、ただでさえ献血者が減少しがちな冬期の救世主が今年の場合、20歳の羽生選手だったわけである。

1社のフィルターしか使えない日本の輸血事情...。

 歴代でも「はたちの献血」PRには武井咲・新垣結衣・栄倉奈々・市川由衣・深田恭子らの女優勢、スポーツ界からは石川遼・田中将大選手、さらに魔法少女まどかマギカや涼宮ハルヒ・初音ミクなどのアニメ/漫画キャラも起用されてきた。なかなかに華やかなキャンペーンの主催は例年「厚生労働省/都道府県/日本赤十字社」の三者だが、その裏側では既得権益の弊害という日本独自の制度が抱える積年の問題が渦巻いているのも事実。
 最も根深いのは血液事業が日本赤十字社(以下、日赤)の「独占」である点。1950〜60年代は国内の輸血用血液を民間血液銀行が賄い、原料は「売血」に依拠していたが...駐日米国大使への暴漢事件で輸血した際に肝炎を発症したのを機に1969年、売血時代は終焉。

 献血制度への移行に伴い受け皿は日赤が一手に担う独占時代が始まり、結果「有償供給による世界で最も高い血液を使い、一方(全血に含まれる)血小板を全部捨ててしまうという世界に類を見ない無駄使いをしているのがわが国の現状ですよ...」(専門医)。

「全血献血」は200mLならば男女共16歳から、400mLは男性17歳/女性18歳から可。一方、血小板か血漿を採る「成分献血」は男女共18歳から出来るが...では、なぜ全ての成分を含む前者から血小板を100%破棄してしまうのか!? 理由は日本で使う白血球除去用のフィルターが血小板まで除いてしまうからだ。しかも、なぜかあるメーカー以外のフィルターは日本(=日赤)では使えない。他のメーカ製のフィルターを使えば問題はなくなる。ゆえに企業との癒着構造が囁かれているのだ。
 
 ある試算によれば全血献血者(約300万人)の採血から血小板製剤が50〜60万個は作れ、国内の血小板需要(70〜80万人)の大半を賄えるとか。

「震災の話にも通じますが大切なのはみんなが同じゴールに向かっていくことです。ネットで勉強したりとか、いきなりそのレベルまで行かなくてもいいですが」とは世界の結弦の広報談。日赤こそ傾聴すべき!
(文=編集部)