レイア姫がSW新作のため15kg減「もしかすると若返りも求められるかも」。

写真拡大

キャリー・フィッシャーは、シリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」出演のために約15キロの減量を行わなければならなかったようだ。

同作品の中でレイア姫役を再演しているキャリーは、映画業界における体重や見た目への重点の置き方は間違っていると苦言を呈し、この作品のために15キロ体重を落とすために辛い時間を過ごしたとグッド・ハウスキーピング誌のインタビューで語っている。

「何にも変わっていないわね、見た目を重要視することに関してよ。私の働いているこの業界は体重と見た目が唯一の問題なの」
「むちゃくちゃだと思うわ。もしかすると若返りも求められるかもね。そのほうが使いやすいからよ」

「スター・ウォーズ」製作陣に、4分の3の体重になった自身を採用したかったようだと冗談交じりに話すキャリーは、減量の特別な秘密はなく、食べる量を減らし運動量を増やしただけだと明かす。

しかし数々の「スター・ウォーズ」シリーズに出演してきたキャリーは、少し大きいサイズくらいの方が自分らしくいることが出来ると続けた。

「体重が減ってしまったとき、自分自身に対して気分がよくないの。だってそれって私じゃないんだもの。私の問題は製作陣が私自身が女優であることを前提に話をしてくるんだけど、私自身は自分が脚本家であるかのように話を聞いてしまうところなのよね」