写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電通は12月1日、電通国際情報サービス(ISID)との共同で、ユーザーが自由にアングルを切り替えて配信映像を視聴可能な「マルチアングルキャッチアップ配信」及び、同サービスを利用する広告配信である「Viewpoint Release Ad(ビューポイント・リリース・アド)」を実施すると発表した。

新サービスでは、両社が開発した多視点動画配信ソリューションである「VIXT(ビクスト)」を利用しているとのこと。メディアの多様化とテクノロジーの進化に伴い、これまで両社は、インターネット環境における映像の撮影・編集・記録・配信・視聴の各段階を統合的に捉え直すサービスやソリューションの開発・提供を継続的に行ってきた。

VIXTはその1つで、これまであまり注目されてこなかったというユーザーの視点に注目し、多様な角度から同時に撮影した動画コンテンツを、ユーザー自身が自由に視点を切り替えて視聴できるように開発した。

ユーザーが個別に編集したコンテンツをソーシャルにシェアできるという特長を持ち、カメラごとの視聴率であるアングル視聴率を計測できることから、ユーザー内での注目度が高いカメラ視点をリアルタイムに把握・共有することも可能としている。

新たな広告配信は、テレビ朝日と新日本プロレスリング(新日本プロレス)のコンテンツ協力を受け、マルチアングルと連動した広告配信の1つとして、任意のカメラ視点に広告を配信して広告を視聴するとそのカメラ視点の本編映像を解放するもの。2015年12月1日から2016年1月4日までの期間に、テレビ朝日と新日本プロレスが共同運営するサイトである「新日本プロレスワールド」内で実施する。

さらに、複数の映像を1つの画面で同時配信し視聴者が動的に切り替え可能な映像において、アングルごとの視聴ログや配信プレイヤー上の操作ログなどを電通及びISID独自という集計ロジックで計測する。計測内容を詳細に分析することで、マルチアングル配信や360°自由視点映像など同じコンテンツで視聴者が個々に好きな視点やシーンを視聴可能な映像における、広告配信の最適化についても検証していくという。

(山本善之介)